2005年 11月 21日
ジギング初挑戦 準備編
d0016761_21452914.jpg
今週の休日に,職場の人達6人でオフショアジギングに出かけることになりました。
三角港から出港して,天草沖か,波が穏やかなら長崎沖のアジ曽根とか鹿児島の甑島周辺などジギングの超有名ポイントまで出かけるらしいです。6人中,3人はジギング初挑戦,残り3人もこれが2~3回目という素人集団です。

リールやロッドはレンタルすることにし,まずはジグを買いに行きました。どんなのがいいのかわからないので,幹事の人が船長に聞いたのですが,商品名をいわれてもよくわからない。というわけで,船長とショップの人と直接やりとりしてもらい,薦められたのがこんなやつ。要は,長くてグローが入っているものがよいようです。140g程度のものを揃えました。

次に,手元にあったフライ用のバッキングラインを使って,本を見ながらビミニツイストの練習をしました。やってみたらビミニは簡単。PEのダブルラインとショックリーダー(今回は80Lb!)との結束をどうしようか悩んでいますが,あるHPでおすすめのSIGノットにしようかと思っています。しかし,ショップで聞くと,ビミニでダブルラインを作らず,普段僕がイカ釣りで使っているFGノットが一番いいとのこと。でも,このFGノット,ハーフヒッチで20回くらい編みこんでいくのが面倒なんだよなあ。船の上ではやってられないだろうなあ。

九州では,ブリの子供をヤズといいます。関東でいったらイナダ,関西だとハマチクラスでしょうか。ちなみにカンパチの子はネリゴと呼んでいます。ブリについては地方でいろいろな呼び名があるようですが,私が把握しているブリの出世は,
関東:ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ
関西:ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ
九州: ?1 → ヤズ → ?2 → ブリ
こんな感じです。九州で?に相当するのは何だろうと思って「ブリ・出世魚」で検索してみました。あるHPによると,
九州:ワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ → オオウオ
ということのようです。しかし,九州の新聞などを見ていると,ヤズかブリという名前しか見たことないような気がします。

ともかく最近では,5~10kgクラスのブリと呼べるサイズがあがっているようです。青物未経験で,しかもこんな大物がかかったら,いったいどんな引きなんでしょうか? とても楽しみな反面,ちゃんとランディングできるかどうかちょっと不安です。まあ,かかったらの話ですが。他にも,ジグのしゃくり方,あわせ方,ドラッグ調整,やり取り,一日中しゃくる体力があるか,,などなど不安はつきませんが,何事もトライあるのみですね!

天気がいいこと(=波が高くないこと)を祈るばかりです。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-21 21:53 | FF以外の釣り


<< ジギング初挑戦 出航!      兵どもが夢の跡 >>