2006年 07月 23日
戦闘服
d0016761_22285116.jpg
実は,タイトルをなんにしようか悩みました。

 戦闘服?  ちょっと大袈裟だな。

 特攻服?  そんなに気合の入ったもんでもないしな。

 制服?   高校生みたいだし。

 ユニフォーム?  イメージ的には悪くないんだけど。

 身支度?   どこか出かけるみたいだし。

ま,いっか。最初に思いついた戦闘服で。


まあ,タイトルはなんにせよ,普段私は渓流に行くときは右側のベストを着ています。
けど,海フライにはこんなにポケット要らないし,暑いし,潮で濡らしたくないしで,このたび左側のもの(モンベル チェストタックルバッグ)を買いました。



今まで,海に行くときには,ユニクロで買った何の変哲も無い黒いショルダーバッグを肩からかけていました。
d0016761_22553486.jpg
魚野川でダブルハンド振ってるときにもずっとこのバッグでした。川でウエットする時は,ほんとはHardyのこんなバッグが格好いいのですが,未だに持ってません。

この黒いバッグだって,ポケットが多くて小さい割にはいろいろ入って便利だったのですが,まず素材が柔らかすぎる。それと一番の問題は防水性がないことでした。先日,サーフに立ち込むと,腰の位置にあるこのバッグは波をかぶってしまうことが判明しました。また,以前,岩手の渓流でデジカメを壊したときもこのバッグでした。ちょっと水がかぶっただけだったのに。

前置きが長くなりましたが,そういうわけで海フライ用兼夏の渓流用に,いわゆるチェストパックの類を探してました。私もumiosaruさん同様,PatagoniaのDouble Haulを狙ってましたが,ちと高い(16,800円也)のと,前面のポケットがちょっと小さくて3Mの大きなフライボックスが入りそうにない。そこで,umiosaruさんが買った「これ」の色違いでも買おうかと思って,釣具屋に行きました。ちなみに,umiosaruさんが買ったこれ,お安い(2980円也)のに,入れ目は十分で,普段は背中に斜めにかけておいて,必要な時にはくるっと胸の前に持ってくることができ,そのまま胸の前で固定もできるという優れものです。お値段と機能の両面のバランスからいって,申し分ないです。

でも,umiosaruさんの二番煎じというのが何となく気に入らない(笑)

で,かわりに,こんなの見つけました。
d0016761_110441.jpg
モンベル チェストタックルバッグ。実はこんなの探してました。お値段もお手ごろです(7,500円也)。フライベストを着慣れた私はやっぱり前面にモノ入れが欲しい。コンパートメントも3Mの大きなフライボックス1個またはC&Fのボックス2個が入る大きさがあります。それが両側にあるので量的にも十分なはずです。

d0016761_1102725.jpgやっぱり渓流の遡行を考えると,背中にはカッパと飲み物と食料が入るくらいのキャパが欲しいところ。
背中のポケットも2気室あり,これなら十分です。

d0016761_1104146.jpgでもって,暑いときや海のときは背中がヒモだけにもなって涼しい。

さらに,ザックの肩ヒモに前のポケット部分だけぶらさげることもできます。

う~ん。ばっちりじゃん。ただ防水性はないですが。

早くこれ着て,海に行くか,または涼しい渓流を遡行したいものです。


あ,そうそう,一番最初の写真に写っている麦藁帽子ですが(実際は麦でなくてイグサです),これも大事な戦闘服で,キス釣り用。500円くらい。これ,九州の容赦ない太陽の下では重宝しています。釣りだけでなく,社宅の草刈の時なんかにも...
[PR]

by trout_and_stream | 2006-07-23 01:30 | SWFFあれこれ


<< SWFFのリーダーシステム      間に合わせ >>