2007年 04月 24日
ぜいたくチャーリー
昔からマクロレンズの名玉といわれているらしい,タムロンの90mmマクロ(TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1)を借りてきた。
ためしに,手元にあったクレージーチャーリーを撮ってみた。
d0016761_22437100.jpg

K100D+TAMRON 90mm MACRO,ISO800,1/100秒,F4.5

d0016761_2244428.jpg

K100D+TAMRON 90mm MACRO,ISO800,1/30秒,F4.5


カメラの撮影モードは「マクロ」で,露出はカメラ任せ。ピントはマニュアルで撮りました。
画像サイズだけは小さくしていますが,もちろんトリミングはしてません。

#4くらいのフックですが,さすがに等倍のマクロレンズ。こんなに大きく写せました。
ポーラーベアーの毛の1本1本もはっきり見えます。

たかが?メバル用のフライに北極熊の毛を使うのはもったいないと思うかもしれませんが,将来のためにと,ずいぶん前に買った良質なものと,カナダ土産でもらったやや品質の劣るものを持っています。大事大事にとってありましたが,このままデッドストックで眠らせておいてもしょうがないので,品質の劣る方はどんどん使っていくことにしました。

ところで,このボディ,ちょっといい感じでしょう!?

上の写真のボディはクリスタルフラッシュのパールを下巻きに,下の写真のボディは100円ショップで見つけた白くてピカピカ虹色に光るラッピング用のヒモを下巻きに巻いています。その上から,モノフィラメント(釣り糸の8号)をぐるぐる巻いて,瞬間接着剤で固めてあります。


ちなみにこの瞬間接着剤,乾いても白くなりません。また,瞬間接着剤って封を開けると,たいていノズルの先端が固まってすぐに使えなくなってしまいますよね。でも,これは封を開けて数ヶ月経ちましたが,まだちゃんと使えます。ちょっとお値段は高かった(希望小売価格735円)ですが,やっと気に入った瞬間接着剤を見つけました。セメダイン社の「ロックタイト タフボーイ P5g」
d0016761_22201269.jpg

[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-24 22:20 | SWFFあれこれ


<< ドウダンツツジ      昨日の晩餐 >>