2007年 08月 15日
TFO
釣りに行けないと物欲に走るシリーズ第2弾!

この間は衝動的にオークションでウエーディングシューズを買ってしまった話を長々と書きましたけど,今度は海外通販でロッドを注文してしまいました!

Temple Fork Outfitters (TFO) - TiCr X Series by Lefty Kreh #6 9ft 4pc

そう,前から欲しいと思っていたTFOのロッドです。結局,TiCr Xの6番にしました。

ちなみに買った先は,burfish.comというサイト。釣り道具では初めての海外通販です。日本国内でも買えますけど,扱っている店が遠いので結局通販になりますし,関税や消費税,送料を入れても海外通販の方が若干安くなると踏みました。また,ロッドが数本入る太いロッドケースも欲しかったので。

過去記事(メバルタックル買っては見たものの)でも書いていますが,現在メバルをはじめとする海小物用にはThomas&ThomasのHS907(Horizon Series #7 9ft)を使っています。よく釣れる20cm以下のメバルにはちょっと強すぎるので,海用に低番手が欲しいと思っていました。また,まだほとんど使ってないけどXi2の#9も去年買いました。よって,海用に#9,#7とあるので次はTFOの#5あたりを狙っていました。

TFOにはTiCrシリーズとTiCr Xシリーズとあり,違いがよく分かりません。mattさんのところの記事およびコメントが一番詳しくて参考になりました。この情報によると,一番手上のラインがしっくりくるかもしれないとのこと。また,TiCr Xの方がSageっぽいアクションとのこと。

海用なので低番手とはいえファイティングバットを付けたい。となると,TiCrの#4のブランクを買って自分で組んで#5のラインを乗せるのがいいかなと思ってました。(ちなみにTiCr Xは#5からしかありません) しかし,ロッドを組むための道具の投資と時間の余裕が今の私にはありません。

また,手持ちの渓流用の#4ロッドでも20cm程度のメバルには十分使えることがわかったので,ちょっと考え方を変えることにしました。

『#6を買えば,ファイティングバット付き(無しの仕様もある)だし,#7ラインが乗るので現在持っているリールとライン資産がそのまま使えるな。』

というわけで,TiCr Xの#6にしました。TiCrでもよかったんですが,なんとなく標準的らしい?ファーストアクションのTiCr Xにしました。

これだと,20cm以下のメバルには強すぎるだろうけど,ごくたまに来る25cmクラスのメバルや,はたまた尺エバ,カマス,有明ターポンにも使えそうです。結局,今のT&Tのロッドが殿堂入りして,海用標準ロッドがすっかりTFOに置き換わるということになりそうです。

すでに発送されたみたいなので,届くのは10日後くらいかな? 楽しみです。


お次のロッドは,まったく行く予定はないけど,オフショアのシイラやマグロ用の#12ロッドか?(爆)
[PR]

by trout_and_stream | 2007-08-15 02:27 | SWFFあれこれ


<< タカサゴユリ      オークションの誘惑 >>