2008年 04月 24日
GRDⅡの防水ハードケース
d0016761_23274390.jpg





GRDⅡ用の防水ハードケースを探しました。

アメリカにはこんな商品があって,同じようなものをネットやカメラ屋やホームセンターで探しましたが,日本ではなさそうです。(値段も安いし,円高とはいえ,わざわざ海外通販するほどではない。ついでにリールを買うっていうのも考えたけど!?)

なら,自分で作るしかない。

前のデジカメではタバコ用の防水ケースがぴったりでしたが,GRDはタバコケースには入りませんでした。

防水ハードケースといえば,車で踏まれても大丈夫!というペリカンケースがあります。この中の,ペリカンのマイクロケース1020というのがちょうどよさそうです。
(注:実際にGRDを入れてみていないので,ちゃんと入るかどうかは責任持てません)

しかし,ちょっとごつすぎる。

他にいいものはないか・・・


なんだ,身近にあるじゃないか!

d0016761_145041.jpg


え? まだわからない?


d0016761_151167.jpg


C&F Design防水フライボックス「Waterproof Fly Case」。サイズはMです。

フライフォームをはがして,衝撃吸収とガタツキ防止のために,発泡ゴムを切って貼っています。

実は,15mm厚の発泡ゴムをきれいに切るのが一番大変でした。カッターの大きい方を使って刺身を切る要領で切るのですが,すぐに刃が切れなくなってしまうので,1回か2回切るたびに新しい刃と交換する必要がありました。

フライボックスなんですから,フライベストのポケットにはぴったり入りますし,全く違和感ありませんし,取り出す動作も手慣れたものです。

これで安心して川に持っていけます。
[PR]

by trout_and_stream | 2008-04-24 01:20 | カメラ


<< Celica      はるばる >>