2008年 06月 28日
ゆすら
d0016761_2382614.jpg

ネタがないので,いつぞやの宴会の時のお酒を。

右は,茨城県は友部にある須藤本家の純米吟醸です。「山桜桃」と書いて「ゆすら」と読みます。値段はお高いですが,香りがよくさらっとしていて,とてもきれいなお酒です。私が好きな日本酒のひとつです。

ここの蔵元は,主に「郷乃誉」という銘柄のお酒を造っていますが,初めて須藤酒造のお酒に出会ったのは,実は10年ほど前の京都時代。よく連れて行ってもらっていた居酒屋で,「すごいお酒があるよ」といって飲ませてもらったのが「花薫光」(かくんこう)。当時でも1升で18000円と言っていましたが,今では21000円もするようです。その後,たまたま茨城県に移り,郷乃誉や山桜桃を知りました。さすがに花薫光は,あれ以来飲んだことがありません。
写真の山桜桃は私が買ってきたものではありませんが,熊本でも手に入るようです。

ちなみに,茨城県は意外においしい酒がたくさんあります。(茨城県の蔵元一覧
 霧筑波,武勇,一人娘,渡舟・・・ 

一方,左側の「風憚」(ふうたん)は,鹿児島の芋焼酎です。とてもまろやかでおいしかったです。
私は初めて見ましたが,何だかこれもすごいお酒のようです(ここここ)。
[PR]

by trout_and_stream | 2008-06-28 02:35 | 酒と食い物


     優勝! >>