カテゴリ:FWFFあれこれ( 28 )

2008年 03月 24日
やっちゃった!
d0016761_1112860.jpg

よーく,見てください。トップガイドがないでしょう。
先日の釣行の際(実はアップしてない釣行の時),ロッドを折っちゃいました。

ロッドを折ったのは初めて,,, 

いや正確には,15年ほど前に初めて買った超安物のロッドを2回ほど折ったことがあったなあ。
初めてのフライ釣行で初めてフライでヤマメを釣った後,木の枝に引っかかったフライを取ろうとしたらラインが足に引っかかりティップが折れた。泣く泣くティップ交換してすぐ,今度はラインを引き出そうとしたらまたティップが折れた。なんてフライロッドって繊細なんだと驚いたけど,次にもうちょっと高い(といっても1万円台だったと思う)ロッドを買ったら,そんなことでは折れなかった。最初に買ったその安物ロッドが弱すぎたんですね。

で,今回は完全に僕の不注意でした。

ロッド(4pc)を布袋に入れて急な斜面を降り,ロッドを出したらトップガイドがなくなっていました。
どうも滑って手をついた時に折ったみたいです。
いつもは,ロッドの各セクションの太いほうを同じ向きにそろえて布袋に入れて手に持つんですけど,この時はなぜかわざわざグリップだけ逆向きに入れ直して,グリップとロッド先端の細い部分を一緒に握ってたんですよね。手を突いた時にティップに力が加わったのか,布袋からトップガイドだけ顔を出していたのかもしれません。

このカムパネラのロッド(ちなみにC4804),気に入って使っていて現在のメインロッドなので,すぐにカムパネラに問い合わせ,ロッドを送りました。有償ではありましたが,ありがたいことに,たいへん素早い対応をしてくれ,ティップ交換して戻ってきました。グリップもきれいになっていました。

ところで,この時の釣りのほうは・・・
[PR]

by trout_and_stream | 2008-03-24 01:51 | FWFFあれこれ
2008年 03月 02日
解禁ですねえ・・・
いよいよ渓流も解禁ですね。
みなさんは川に出かけましたか?

d0016761_17291797.jpg

私は,木金とつくば&東京に出張で2日家を空けたので,今日(3/1)はとりあえず家族サービス。
でも,釣具屋に行ってラインとリーダーを一応買いました。

明日(3/2)は行きたいなあ。
でも,夜の時点で嫁さんに釣りに行かせてと言い出せずじまい。トホホ
半分あきらめてます。


ちなみに,下の写真は羽田に向かう途中の飛行機から。
d0016761_1729373.jpg

富士山がとてもきれいだったんですが,携帯なのでよくわかりませんね。眼下に広がるのは相模湾。真ん中の白いのが富士山。その後ろにある白い山並みは南アルプスかな?


注:投稿日が3/2になっていますが,3/1の深夜に書いた記事としてお読みください。
[PR]

by trout_and_stream | 2008-03-02 17:33 | FWFFあれこれ
2007年 09月 28日
ついでにウエーダーのこと
ウエーダーの話が出たので,今さら書くほどのことではないかもしれませんが,ついでにストッキングフットとブーツフットのメリット・デメリットについてちょこっと。

<ストッキングフットタイプ>
 ・裏返せるので,中側も干せるし,裏から補修もできる。
 ・ウエーディングシューズと組み合わせられるので,足元がしっかりして安心。
 ・脱ぎ履きが面倒。
 ・靴の中に砂が入る。

<ブーツフットタイプ>
 ・裏返して干せない。
 ・足元がちょっと不安。
 ・脱ぎ履きが楽。
 ・靴とウエーダーが一体成型なので砂が入らない。
 ・金属部分がないので錆びない。

というわけで,がしがし歩く必要のある渓流の遡行ではストッキングフット,あまり歩く必要のないライズ待ちの釣りや海の釣りではブーツフット,というふうに使い分けています。とりわけ海では,砂が入らない,錆びない,という点でブーツフットのほうが良さそうです。

ちなみに私,贅沢にもネオプレーンのウエーダーもストッキングフットとブーツフットと両方持っています。ネオプレーンのストッキングフットの方は,冬の湯原や早春の長良川,春先の魚野川,そして夏場でもフローターの時に活躍しました。ブーツフットの方は,たまたま半額以下で叩き売られていたのでつい買ってしまったものです。しかし,九州ではネオプレーンはほとんど必要ありませんね。九州のフライマンは,ネオプレーンは持っていない人の方が多いのでは?

一般的には,最初にゴアのストッキングフット,次いでネオプレーンのブーツフットをそろえれば十分のような気がします。

どうでもいい,私のウエーダー遍歴を読む。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-09-28 03:06 | FWFFあれこれ
2007年 09月 26日
ウエーダーの補修
今シーズンの渓流もラストスパート。皆さん,この3連休は楽しんできましたか?

すでに渓流が自主禁漁となってしまった私は,この3連休にウエーダーの補修をしました(悲)。

ゴアのウエーダーは,ストッキングフット(3シーズンバリバリ?使用)とブーツフット(5年目だが使用頻度低し)の2つ持ってますが,どちらも膝の裏あたりから,じわーと浸水してきているみたいです。目で見える穴はあいてないし,冷たくない程度なので,ほんとに小さな穴か縫い目あたりが怪しい感じです。


みなさん,ウエーダーの穴を探すのにどんな方法を使っていますか?


もちろん,目で見て明らかに分かる場合はいいのですが,そうでないけどじわーと浸水している時。

私が,今までやった方法は,

 ①ウエーダーを裏返して(裏返さなくてもいいかも)水を入れ,じわーと水が染み出してくる
   箇所を調べる。
 ②自転車のタイヤのパンクを探すのと同じように,ウエーダーの足の部分に自転車の空気
   入れで空気を入れ,風呂につけて泡(空気)が出る箇所を調べる。

①が一番直接的で確実なのですが,両面濡らしてしまうので,両面干してからでないと穴の補修ができない。あと,裏返して裏面を濡らしてしまうと,じわーと染み出してくる部分がわかりにくい。②は,空気の泡が出てくるのはとてもわかりやすいのですが,やっぱり干さなくてはいけない。また,空気を入れるのが意外に手間。今回やってみた時には,すぐに空気が抜けてしまってやってられませんでした。

そこで,ネットで調べてみると,

 ③部屋を暗くして,ウエーダーの内側にライトを入れ,光が漏れる箇所を調べる。
 ④揮発性の高いアルコールのような液体をウエーダー表面にふりかける。
   濃く染みたところが穴もしくは薄くなっている部分。

という方法が見つかりました。

④はやってないので,よくわかりません。しかし,③をやってみると,

d0016761_325363.jpg
このように,穴の部分がぴかっと光ってよくわかります。この方法はお手軽で,しかもわかりやすくていいかも!

でも,この穴は腰あたりで,気になっていたところとは違います。他に穴はなく,光がよく透けて見えるのは,結局縫い目でした。縫い目は裏からシームテープが貼ってあるので,基本的には浸水しないはずなんですが・・・

この③の方法では,膝裏あたりの浸水箇所を特定できませんでしたが,縫い目のどこからか浸水しているんだろうということで,結局,ブーツフットタイプは,表から見える縫い目すべてをアクアシールで覆ってしまいました。ストッキングタイプも裏返して,膝下全部の縫い目にセメダインスーパーXを塗りたくりました。

のりを替えたのは,値段の高いアクアシールがなくなりそうになり,セメダインスーパーXの大きなチューブが手元にあったからです。ウエーダーの補修といえば,昔からアクアシール。乾いても弾性があり,特にネオプレーンの補修にはいい感じです。最近ではUVシールも出回っていて,ピンホールを現場で補修するにはとても便利そうです。でも,値段が高いのと乾くと固くなるので,広い面積にはちょっと使えないかな。セメダインスーパーXは,今回初めて使ってみましたが,乾燥後の透明感と弾力感はとてもいい感じでした。ただ,アクアシールに比べると,乾燥後も表面に若干のべたつき感が残ります。でも,値段がアクアシールに比べれば安いので,今回のように大量に使う場合は良さそうです。

これで浸水が直ってればいいんですが・・・
[PR]

by trout_and_stream | 2007-09-26 04:20 | FWFFあれこれ
2007年 08月 13日
オークションの誘惑
釣りに行けないと物欲に走るというのはよくあることですよね。

インターネットオークションにネット通販。自宅にいながらパソコンで買い物ができるというのは便利なようである意味危険ですね。今まで手を出さないようにしていましたが,とうとうインターネットオークションに手を出してしまいました。

最近,嫁さんが欲しいという数百円程度のものを3点ほど落札し,ネットオークションのやり方を覚えてしまった私は,衝動的にこんなものを買ってしまいました。

d0016761_1393369.jpg

Simms RiverTek Wading Boots - AquaStealth Studded


Simmsのウエーディングシューズ"RiverTek"のアクアステルスソール版(スタッド付き)。

衝動買いの経緯を読む
[PR]

by trout_and_stream | 2007-08-13 03:21 | FWFFあれこれ
2007年 05月 06日
二度目の解禁最終日 予告編
今日(5/5)の夕方,GWの実家めぐりからようやく熊本に帰ってきました。

4/29 熊本→(バス)→福岡→(飛行機)→新潟
5/1  新潟→(新幹線)→東京→(TX)→つくば
5/4  つくば→(TX)→東京
5/5  東京→(飛行機)→熊本

子供たちも疲れただろうに,帰ってきても元気です。
しかし,親父は疲れました。風邪ひきました。


さて,「二度目の解禁最終日」シリーズですが,

 ・プロローグ
 ・夜の部 メバル編
 ・昼の部 イワナ編
 ・エピローグ

と続く予定です。(でした?)

実は,「プロローグ」は福岡に向かうバスの中で,携帯からアップしました。
しかし,携帯で長文を書くのはとてもたいへんです。

新潟の初日は,ネット環境があったので「夜の部」を途中まで書きましたが,その後はネットがないところにいたので,書きかけで止まっています。

出発前には頭の中ではネタはできてたのですが,もう忘れてしまいました。
明日(時間ができれば),思い出しながらおいおいアップしていくつもりです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-05-06 03:36 | FWFFあれこれ
2007年 04月 29日
二度目の解禁最終日 プロローグ
久しぶりの独身生活も4月29日で終わり。つまり,二度目の解禁も28日が最終日です。

解禁中は頑張ってあちこちに釣りに出かけましたが,さて,最終日はどこに行こうか? ヤマメ? イワナ? それともメバル?

ヤマメは,4月頭に通ったが念願の尺には一歩届かなかった。最終日はヒゲナガでイブニングの一発大物狙いというのもいい。

イワナは,先々週uraさんと行ったが今ひとつぱっとしなかった。去年のGWの楽しい思いが忘れられず,それを味わうのなら28日がラストチャンス。

メバルは,先週たまたま入ってみたところがアタリで楽しかった。潮周りは違うけど,今週もその場所が満潮前にいいかどうか確かめてみたい。

さて,どうするか?


金曜は定時で家に戻り,どこに行くか悩みながらも,とりあえずメバル用キャンディを巻きだした。

イワナも行きたいけど、メバルも行きたい。しかし,この日は満潮が朝の5時半。寝ずに朝までメバルやって,天草からイワナの川へ行くと5時間はかかる。

「やっぱり両方は無理だよなあ」と思いながら,キャンディにエポキシを塗りたくる。

「明日イワナに行くなら,今晩のメバルは止めておくべきだよな」と考えながら,イワナ用のパラシュートを巻き巻き。

「まあ,とりあえずメバル行って,明日のことは仮眠してから明日考えればいっか。しんどかったらゆっくり寝て,イブニングだけでもいいんだし」と考えながら,キャンディに二度目のエポキシを塗りたくる。

その時,uraさんからメールが入る。

「明日,イワナの川,行きまっせ~!」



はい! メバル&イワナの徹夜釣行決定!!
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-29 15:41 | FWFFあれこれ
2007年 04月 06日
Adams Parachute
今週は2泊3日で博多に出張してました。昨日帰って来ました。
学生時代には怖くて渡れなかった橋を渡り,中洲で飲んできました。

というわけで,先週末は出張準備で忙しく,釣りはお休みでした。

でも,今週末は行きますよー。

ライズしている???尺ヤマメを狙いに。

で,フライを巻きました。

d0016761_1184496.jpg


パラシュートばっかり8本。

あれ? ライズ狙いに行くつもりなんだけど・・・

なぜだか,バイスの前に座ったらアダムスパラシュートを巻きたくなりました。
アダムスパラ巻いたのなんて,何年ぶりだろう?

写真の手前から4本がアダムスパラです。サイズは#12と#13。(でかい!)
手前2本はボディの色が違うし,ハックルもダークダンとグリズリーのミックスなので,正確にはアダムスパラではありません。手前の3,4本目は正統?アダムスパラです。ちなみに奥の4本は,赤のグースクイルボディにライトブルーダンのハックルで#15です。

昔,フライを始めたばかりの頃のこと。福井の川のイブニングで,アダムスパラシュートでイワナを連発(といっても,4,5匹だったと思う)した思い出があります。それ以来,アダムスパラは大好きなフライのひとつなのですが,最近はご無沙汰してました。

さて,これ持ってどこ行こうかな?

(ライズ狙いに行ったら,出番がないだろうけど)
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-06 01:34 | FWFFあれこれ
2007年 03月 10日
明日のために
d0016761_221957.jpg

ひさびさに気合の入ったタイイングをしました。

といっても,CDCのハンプバック系ばかりたったの6本だけです。でも1時間半強かかりました。

最近海フライばかり巻いていたので,#17の繊細なパターンなんて巻けるかな?と思いましたが,ちゃんと指が覚えていました。

明日はこれを持って白川に行きます。

明日は人は多そうだし,ライズは少なそうだし,ライズにありつけるかどうか心配です。
何とか,白川の砲弾ヤマメが1匹釣れるといいな。





どっかで見たことあるパターンだと思った人。あなたは鋭い!
実は,備前さんのブログにあったパターンを真似しました。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-03-10 02:22 | FWFFあれこれ
2007年 02月 24日
解禁前のウズウズ写真 パート2
d0016761_22183213.jpg
月曜に続き,金曜日も同じ道を走ってきました。月曜よりも,上流のほうまで見てきました。
あくまで,シゴトの道すがらですよ。

やっぱり,こんな川見ちゃうとウズウズしてきますね。

気が付いてみると,来週には解禁じゃあないですか。
渓流が解禁しちゃうとそっちに意識がいっちゃうかもしれないので,今のうちにメバルに行っておこうと,嫁さんの『ダメ!』という言葉を無視して天草に行ってきました。

夜の10時半自宅発,0:45に目的の港(仮にA港としましょう)に着。今回は,前回,前々回(仮にB港)とは違う港です。今日の潮は中潮で満潮が1時。なんとか,満潮に間に合い1時に釣り開始。今日は,例の4番ロッドでのメバルの引きを楽しみにしていました。

が・・・ まったく反応なし。小アジが1匹だけ。メバルのライズもなければアタリもなしでした。

2:20に移動を決断。思い切ってB港に行くことにしました。A港とB港は同じ天草でもエリアが違い,結構遠いので普通は同じに日に行くことはしません。悩みましたが,前回,前々回のいい釣りを思い出し,遠くても確実に#4ロッドでメバルちゃんと遊べるかな?という期待から2:30にB港に向けて出発。

しかし,やっぱり遠かった。1時間強かかりました。しかも,かなりぶっとばして。罰金7万円の教訓が全然生きていませんね(笑)。まあ,おかげでアウトバックの走りを堪能できました。高速カーブでの安定性が非常にいいですね。足回りがしっかりしているんでしょうか。

3:40にB港で釣り開始。
今日は,嫁さんの手前,7時半には帰りたいので,1時間1本勝負と決めた。

あえなく玉砕・・・・・

この間と同じように攻めたんですが,まったく反応なし。
違いといえば,#4ロッドに例のWet Tipライン。
風も波も穏やかなもので,大き目のフライ(4cmキャンディ)でも,キャストは問題ありませんでした。しかし,このライン新品のくせ,に古いせいか,昔のもののせいか,ラインが硬くてシュートの時に絡まることが時々ありました。

しかし,なんですな。考えてみれば当たり前なんですが,リトリーブの釣りでシンクティップラインを使う意味はまったくありませんね。フローティングラインと一緒です。このラインに7800円も出したのは,ちょっと愚かだったような気がしてきました。ま,いっか。

反応がないので,すっぱりと釣りを止めることができ,4:30にB港発。ちなみに,ナビの目的地を自宅に設定すると距離は130km弱。10:39到着予定とありました。信号がほとんどない,すきすきの道を快調にとばし,自宅に到着したのが6:45。まあ,2時間半で帰れるとは思っていましたが,ナビがいうより4時間近くも短縮してしまいました。ちいと,飛ばしすぎましたかね。

しかし,この日は,朝7時から翌朝7時まで一睡もせずに,24時間のうち仕事で4時間,釣りで6時間,トータル10時間も車を運転してました。釣りをしたのは実質2時間程度。うーん,あほかも。


ちなみに,今日は,こんなのが落っこちていました。
d0016761_2255112.jpg
白骨死体。

これもシカです。写真が悪くて見にくいですが,写真の上から,頭,前足,背骨,アバラ骨,後足とあるんですけど,おわかりになりますでしょうか?どうもオレンジ色のネット(シカよけ用のネット)に後ろ足が絡まり,とうとう逃げ出せなかったみたいですね。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-02-24 23:15 | FWFFあれこれ