<   2005年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 28日
タチツボスミレ
d0016761_16194951.jpg

タチツボスミレ Viola grypoceras スミレ科スミレ属
2005/04/20撮影


スミレの仲間は非常にたくさんあって,スミレ属は世界の温帯に400種以上あり,日本には約50種あるそうです。このタチツボスミレは,その中でも一番よく見られ,低地や山地にもっとも普通なスミレです。
ちなみに,「タチツボ」と名の付くスミレを列挙してみますと,エゾノタチツボスミレ,アイヌタチツボスミレ,オオタチツボスミレ,テリハタチツボスミレ,コタチツボスミレ,ツツタチツボスミレ,ケタチツボスミレ,ナガバタチツボスミレ,ニオイタチツボスミレ,オオバタチツボスミレとあり,さらに,タチスミレ,ツボスミレなんてのもあって,相当ややこしいです。日本のスミレの中で最大なのは,オオバタチツボスミレだそうです。

[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-28 17:37 |
2005年 04月 23日
たらの芽
d0016761_22313484.jpg

今の季節の代表的な山菜「タラの芽」です。残念ながら,これはスーパーで買ってきたもの。栽培物が増えてきたのか,ワンパック200円と,昔に比べれば相当安くなりました。でも,やっぱりあの鮮烈な香は自分で採ってきた天然物にはかないません。このくらい葉が出ているものは,ほんとは天麩羅にしたいところですが,今回は味噌炒めにしました。タラの芽を胡麻油で炒め,妻の実家の自家製味噌と砂糖を酒でのばし,からめました。
タラの芽は近年競争率が激しくて,なかなか採れませんが,同じウコギ科の「コシアブラ」は狙いめです。タラの芽よりもさらに香りが鮮烈です。木を1本見つければ大量に採れるのですが,ちょっと標高が高いところに行かないと生えてないので見つけるのが大変です。

さて,これは酒カテゴリーか,花か,,,食べ物カテゴリーを新しく作るかな。

野甘草・・・これは食べたことないなあ。今度探してみよう。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-23 22:45 | 酒と食い物
2005年 04月 23日
この影は,,,
d0016761_1533321.jpg
おっ,このシルエットは,,,
d0016761_1542667.jpg
ヤモリ君だ。

しかし,こいつえらく小さいなあ。
こんな色した,ヤモリは初めて見た。
d0016761_1544792.jpg
君,なかなか,かわいい顔してるね。
d0016761_2283429.jpg
命名 『キョロロ』 by Kako
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-23 02:10 | 日常あれこれ
2005年 04月 21日
石楠花
d0016761_196434.jpg
ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)
Rhododendron japonoheptamerum

熊本では早くも,石楠花が咲き出しました。
石楠花にもたくさん種類があるようで,普通に見られそうなものでも,

アズマシャクナゲ [本州(東北地方,関東地方,中部地方南部)]
ホンシャクナゲ  [本州(新潟県西部以西,四国(四国山地)]
ツクシシャクナゲ [本州(三重・奈良・和歌山県),四国(南部),九州]

とあるのですが,分布域が結構はっきりしているようですね。分布からいっても,これはツクシシャクナゲ。他には花冠の裂数や葉の裏面の毛の長さなどで見分けられるようです。

姫林檎   花つながりということで,TBしてみました。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-21 19:08 |
2005年 04月 19日
こっちがユキヤナギ
d0016761_18331294.jpg
d0016761_18332247.jpg







ユキヤナギ
 Spiraea thunbergii
バラ科シモツケ属
2005/04/01撮影
 
落葉低木。よく,庭先や公園などに植わってます。園芸植物だと思っていたら,実は埼玉県の長瀞には多く自生しているようです。生育地は「川岸の岸壁の割れ目や岩礫地。大雨で増水すると水没して濁流に洗われるようなところに生える」とあります。ただし「日本に自生するものは栽培品が野生化したとする説もある」らしいです。
もしかしたら,渓流を遡行しているときに見られるかもしれませんね。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-19 18:40 |
2005年 04月 19日
シジミバナ
d0016761_18253965.jpgユキヤナギだと思って,
近づいてみると,,,
d0016761_18253060.jpg花が八重だった。

この花は何だろう?と思っていたら,2005/4/17付の朝日新聞の1面に,なんと同じ花が載っていた。これでシジミバナという名前が判明。


シジミバナ Spiraea prunifolia
バラ科シモツケ属
中国原産の落葉低木。
2005/04/13撮影

というわけで,今回は朝日新聞の「花おりおり」コラムの解説をそのまま引用。

『あまたの八重咲きの中で,最小の部類。花径は1cm足らず。枝に群開する。ユキヤナギと同属だが,株は直立,葉は長さ約2cm,幅1cm余りと広く,区別がつく。花の中央がくぼみ,それを笑くぼとみて,漢名は笑靨花(しょうようか)。和名は,18世紀の「和漢三才図会」に,小白花の形がシジミの肉の如し,と載る。』 文:湯浅浩史
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-19 18:33 |
2005年 04月 17日
島美人
焼酎ネタの第2弾です。

d0016761_23523873.jpg島美人
鹿児島県出水郡長島町
長島研醸有限会社

普段,よく飲んでいるのが実はパックタイプのこれ。最寄のコンビニでも置いてあるので,酒がきれると買ってきます。900円くらい。たいていどの店でも,「黒霧島」とこの「島美人」が並んでいるので,芋焼酎では相当メジャーなのでしょう。
学生の頃,初めて飲んだ芋焼酎は「白波」でした。それから,しばらく芋焼酎は苦手でしたが,いつだったか芋焼酎を飲んでみると,「なんだうまいじゃん」。あれ以来白波は飲んでませんが,今飲むとどんな感想を持つか,自分でも興味があります。

芋焼酎でも麹によって雰囲気がだいぶ違うようです。黒麹のものはしっかりとしていて独特の風味がありますが,この島美人は米麹でわりとすっきりしています。もう少し,いろいろな焼酎を飲めば,だんだん味の違いや自分の好みがわかってくると思います。また,お湯割だと芋の香と甘みがひろがります。一方,ロックだとすっきりいただけます。冬はお湯割り,夏はロック(or水割り)でしょうか。

グラスは,カガミクリスタル製。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-17 23:58 | 酒と食い物
2005年 04月 16日
くぅ~,泣き尺!
今日も渓流に行ってきました。
d0016761_23571260.jpg
先週見かけた,大きな魚影の捕獲に成功しました。が,尺ヤマメには一歩足らず。29cmでした。
(同じ魚だと思うんだけど,,,)
お腹側にも紺色の斑点がたくさん入ってます。しかし,やせてますねー。
d0016761_23572193.jpg
ちなみに,こちらは19cmです。でも,こっちの方がきれいだったりして。

昼間も魚は出ますが,20cmないのばかり。夕方になって明らかにサイズが良くなり,ライズも見られるようになりました。
九州では,早くもいい時間帯が夕方になってきたようです。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-16 11:55 | FWFF釣行記
2005年 04月 15日
デジカメの防水ケース
みなさん,釣りの時にデジカメを持ち歩いていると思いますが,防水対策はどうされていますか?
私は一度,渡渉時におしゃかにしたことがあります。防水仕様のデジカメもあるけれど,どれもごつくて重くて値段が高い。(唯一?使えそうなのがSONY Cyber-shotUの防水タイプのもの)。

ポケットサイズのデジカメが欲しくて今年買ったのがKonica Minolta DiMAGE X50。ポケットにすっぽり入るその小ささ,レンズカバーをスライドさせるとパワーがオンになる方式(小さなスイッチを押さなくてすむので,若干濡れた手でも大丈夫),起動の早さなど,なかなか気に入りました。魚の写真はこれで撮っています。さらに音声メモも残せるので,魚をパチリと撮った後「えー,ヤマメー,35cm!フライはソラックスダンの10番。」なんて記録を取れます。メモ帳と鉛筆を取り出すより,はるかに楽です。

本題に戻りまして,突然の雨や川の中での転倒(したくはありませんが)に備えて,このデジカメの防水ケースになるようなものを探していたところ,ぴったりの物を見つけました。それがこれです。

d0016761_10143645.jpg本来,タバコ用の防水ケースなのですが,
d0016761_1015371.jpgあら,X50がすっぽりと入ります。
d0016761_10154039.jpg上下や横の隙間には黒いスポンジを貼りこみ,全くがたつきません。
これで防水性も,対衝撃性もばっちり。いつこけても大丈夫。(^^;;
このケースはC&Fのフライボックスより一回り小さい(厚みは若干厚い)くらいですから,ベストの胸ポケットにすっぽり収まります。蓋もワンプッシュで開くので,さっと取り出せます。これで,いつ魚が釣れても大丈夫。(^^)
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-15 20:23 | FWFFあれこれ
2005年 04月 14日
コジレイ
d0016761_1131442.jpg週1で児島玲子が熊本日日新聞に連載していました。残念ながら8回(12回?)ほどで終わってしまいましたが,これは2月4日付けの記事です。ヤマメについて書いています。

d0016761_11315584.jpgうーん,このコジレイかわいい。やっぱり「釣りロマン」見るかな。「ザ・フィッシング」に出ている水〇裕〇は,ちょっとうるさいし,どうも筋肉番付けの時の勝気なイメージが強くて,どうも,,,

いやいや,そんなことが言いたいわけではなくて,手元をよく見てください。

d0016761_1132558.jpgこれ,イワナじゃん!
[PR]

by trout_and_stream | 2005-04-14 19:45 | FWFFあれこれ