<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005年 05月 29日
岩魚釣り
d0016761_22343518.jpg
この写真に触発され,今日はひさしぶりに岩魚の顔を見たくなり,岩魚がいる川へ。現地に着くと,どこも先行者だらけ。日曜日は泊まり組が多いようで,朝7時半ではすでに遅いみたい。無理やり斜面を降りて入った,最初の区間は魚の姿すらなし。場所がえして入った区間でも,昨日(もしかしたら今朝?)先行者がいたみたいで,流芯からはまったく反応なし。途中,しつこく流すとようやく岩魚が1匹。
ここから,完全に岩魚狙いに切り替え,巻き返しやえぐれから,いくつか岩魚が出てくれました(Max26cm)。しかし,天気予報は晴れだったのに,予想外のもの凄い雷雨に見舞われ,びちょびちょになりながら,ほうほうのていで逃げ出しました。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-29 22:45 | FWFF釣行記
2005年 05月 27日
ニワゼキショウ
2週間ほど前ですが,芝生に,小さいけれどきれいな紫色の花がたくさん咲いていました。
名前の見当が全く付かなかったので,適当に図鑑をめくって写真を眺めていると,ありました。

d0016761_17161760.jpg

ニワゼキショウ  Sisyrinchium atlanticum
アヤメ科 ニワゼキショウ属 2005/5/13撮影 熊本市


日当たりのよい路傍や芝生などに普通に見られる多年草。北米原産の帰化植物。高さは1
0~30cm。花は直径1cmくらい。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-27 17:22 |
2005年 05月 24日
ツクシヤブウツギ
d0016761_23244519.jpg
ツクシヤブウツギ Weigela japonica Thumb. スイカズラ科 タニウツギ属
2005/5/15撮影 熊本県泉村 (夕方だったので,写真が暗くてピンボケで残念)

いわゆる,卯の花と呼ばれる白い花をたくさん付けるウツギは,ユキノシタ科。ウツギとは枝が中空のため「空木」から来ています。GWにたくさん咲いていましたが,写真を撮り損ねました。
で,こちらは「ウツギ」と名の付くものでもスイカズラ科のほう。

花が咲く前は,京都でよく見かけたタニウツギだと思っていました。ところが,花が咲いてみると色がクリーム色から紅色まで,いろんな色が同時に咲いています。タニウツギは濃いピンク色一色なので違う。白と紅と両方の花を付けるのはハコネウツギというのがあるのですが,あれは九州にはないはず。というわけで,図鑑で調べてみると,

ツクシヤブウツギ
「九州の山地に産する落葉低木。花ははじめ白っぽく,のち紫紅色に変わり,内面のほうが色が濃い」 

ということが判明しました。参考までに,同じ属で白や紅色の花をつける代表的な種の,分布と花の色を調べてみました。すると東北南部以南の日本海側はタニウツギ,太平洋側はニシキウツギ,西日本の太平洋側ではヤブウツギ,九州ではツクシヤブウツギと,わりと明瞭に分布域が異なることがわかりました。

タニウツギ
北海道の西半から東北・北陸・山陰地方,日本海側。
花は濃いピンク色

ニシキウツギ
宮城県南部以南の太平洋側。中国山脈東部・四国・九州の山地に点々と分布。
花は,初めは白っぽく,のち紫紅色

ヤブウツギ
東京以西の太平洋側の低い山地,西は山口県,四国にまで分布。
花は,暗紫紅色で内面は色が薄い。

ハコネウツギ
本州中部太平洋側の海岸地帯に自生。観賞用としても栽培される。
花は,初め白色,のち赤みを増し,内側のほうが色が濃くなる。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-24 23:40 |
2005年 05月 23日
先週末
今年は解禁以降,足しげく渓流に通い,ドライフライの釣りもずいぶん堪能しました。
先日,久しぶりに釣具屋に行くと,今でも大きなイカが釣れてるみたいだし,緑川でシーバスも釣れてるみたいでした。さらに,鮎解禁前にストリーマーで本流のでかヤマメもやっつけたいし,,,
先週末はどの釣りをしようかとずいぶん迷いましたが,結果的にとても欲張りなことをしてしまいました。

・金曜夜  夕食後,緑川で2時間ほどルアーを投げてみた(何も起こらず)
・土曜の昼間  所用で博多往復
・土曜の16時半  天草下島へ

d0016761_0173130.jpg
19時すぎ,ぎりぎり明るいうちに着きました。が,すぐ暗くなり夜の釣りとなりました。なんかさびしい。いくつか漁港をまわりましたが,まったく反応がなく,すっかりあきらめていましたが,23時半過ぎイカがくっついてきました。24時に終了。車中泊。

・日曜朝  本流下流部へ移動。ストリーマーを流したけど,何も起こらず。
・日曜昼  上流部に移動。5時までドライフライの釣り

d0016761_0235362.jpg
結局,いつものドライフライの釣りをしてしまいました。有名なC&R区間なので,GW以降人が多いようです。20cm弱が10匹ほど釣れました。写真は本日最大の24cm。

この2日間の総走行距離は660km,運転時間は11時間。
う~ん,馬鹿としかいいようがない。こんなしんどいことはもうやめておきます。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-23 11:45 | FWFF釣行記
2005年 05月 18日
お昼寝
d0016761_23484360.jpg


干している座布団の上に,
なにやらまた黒い影が,,,
d0016761_2350335.jpg


トカゲがお昼寝中でした。
d0016761_23503526.jpg


せっかく気持ち良く寝てんだから,
邪魔すんなよな~


「こいつ,かわいくない!
キョロロのほうがずっとかわいい」 by Kako
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-18 23:54 | 日常あれこれ
2005年 05月 15日
いまひとつ
d0016761_22591317.jpg

今日は,熊本の川へ。
長い距離を釣りあがったんですが,反応がほとんどなく,ちょっと寂しかったです。20cmちょうどが2つ,15~18cmが3つくらいといったところでした。
途中から,昨日か今日の足跡もありましたし,GWに相当人が入ったのかもしれませんね。
ひとつ,まあまあよさそうなのをかけたんですが,またもリールにラインを巻き取っている間にばれてしまいました。狭い場所では,強引に寄せた方がいいのかもしれませんね。
また,別の大きなプールでは,大岩の上からそっとのぞくと,25cmくらいはありそうなやつが,5分おきくらいに岩の下から出てきて,ほとんど流れがないところで,ひとつふたつ虫をつまんでは,帰って行くというおもしろい行動が見られました。フライを浮かべて待っていると,食ったんですが,すぐに外れてしまいました。丸見えだっただけに,あわせが早かったのかもしれません。
残念。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-15 23:08 | FWFF釣行記
2005年 05月 13日
キョロロ2
d0016761_1835586.jpg

おっ,キョロロ発見! 

(キョロロ=ヤモリ)
d0016761_18351337.jpg

かぷっ!

って,それは食べられませんよ。
d0016761_18352182.jpg

それも偽者ですから~。
d0016761_18353343.jpg

おっ,それは本物です。
d0016761_18354415.jpg

満足。


(実際は食べてませんけど)
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-13 18:44 | 日常あれこれ
2005年 05月 10日
オギザリス
道端に紫色の花がたくさん咲いていました。
d0016761_2224249.jpg
カタバミの仲間であることはすぐにわかりましたが,紫色の花は見たことがありませんでした。
図鑑(平凡社 日本の野生植物 草本)で調べてみると,
『カタバミ科は南アフリカや南アメリカの熱帯を中心に7属約900種があり,なかでもカタバミ属が850種ほどしめる。日本にはカタバミ属1属しかなく,自生種6種の他,ムラサキカタバミ,ハナカタバミなどの帰化植物数種が知られている。』そうです。で,これは,
d0016761_22243131.jpg
ムラサキカタバミ Oxiallis corymbosa カタバミ科カタバミ属)
庭や畑に生える多年草で,観賞用に植えられたものが逸出した帰化植物。南アメリカ原産であるが,日本には江戸時代末期に渡来し,世界の亜熱帯および暖帯に広く帰化している。
花期は6-7月。

d0016761_9534553.jpg
カタバミ Oxiallis corniculata
こっちが普通に,道端や耕地でよく見られるカタバミで,花が黄色です。

ちなみに,この時期に山でよく見かける,白い花のものは「ミヤマカタバミ」です。
なお,カタバミは夜になると花を閉じ,再びお日様が昇ると花を開きます。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-10 22:29 |
2005年 05月 07日
5/4~5 宮崎釣行
宮崎方面に一泊二日で調査に行ってきました。
また,九州のネットつながりの方々のオフ会に参加させていただきました。

d0016761_2284991.jpg昼の集合の前に,午前中下流に入ってみました。非常にダイナミックな渓相で,大物がいそうな感じなのですが,,,
釣れたのは15~19cmが7匹。写真は18cm。

昼に集合して,まったりと過ごした後,じゃんけんで組み合わせを決め3組に別れ,4人で入渓。(組み合わせが偶然で決まるので,なかなかおもしろいシステム) 4人とも10匹以上釣ったと思うのですが,みんな15前後のチビばかり。夜はOLMの例にもれず,宴会で盛り上がりました。

d0016761_2352489.jpg2日目の朝はのんびりと過ごし,再びじゃんけんをして9時に4人で入渓。
魚の反応はよかったので楽しめたのですが,10cmを筆頭にまたもチビばかり。魚影は濃いんだけど,サイズが・・・

d0016761_2361639.jpg昼食後,またもまったりと過ごした後,解散。帰り道,通りがかった別の川に,ついついちょっと入ってしまいました。
やっと20cm(~22cm)の顔を3つ見ることができました。チビばかり釣っていたせいか,非常に立派に見えました。(^^;; 写真は21cm。
でも,この川の魚はとても引きが強い。

しかし,宮崎の懐は深い。尺ヤマメは今後に期待?!
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-07 02:46 | FWFF釣行記
2005年 05月 03日
どんたく2
d0016761_13595078.jpg時間が経つにつれて,どんどん人が増えてきました。

なにせ,GWにもっとも人出が多いのは,日本中でここらしいですから。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-05-03 13:59 | 旅先にて