<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 28日
ジギング初挑戦 宴会編
帰ってから,みんなで釣った獲物をおいしくいただきました。
カンパチとカサゴは全部刺身にし,アコウ(=キジハタ)とオオモンハタは鍋にしました。
d0016761_21252893.jpg
急いでいたので,切って並べただけで,盛り付けは全くなっていません。せめて大根のつまくらい作るべきでした。ちなみに,カンパチもカサゴも写真で半身です。器は,木曽ヒノキの寿司台です。もちろん,カンパチも脂が乗っていておいしかったけど,なんといってもカサゴの刺身は最高でした。
d0016761_21201658.jpg
オオモンハタのアラで鍋を作りました。アコウとオオモンハタの身はしゃぶしゃぶ用に厚めの刺身にしました。もちろん刺身のままでもおいしかったですが,しゃぶしゃぶにしたほうが,ちょっと熱がくわわる分甘みが増しておいしかったです。

アカヤガラは美味しいのか?というわけで誰かが調べると,ヤガラは「鯛とイカの中間のような味と食感で,たいへん美味しい」ということだそうです。鯛とイカの中間???いったいどんな味だ? というわけで,食べてみました。まずは刺身で。たしかに,食感は多少もちもちしていて,鯛とイカの中間というのはわからなくはない。鍋に入れると身はぷりぷりしていて,たいへん上品な白身でおいしかったです。しかし,これが鯛とイカの中間の味かどうかは?

ところで,大きい魚の方がさばくのが楽だ,ということに今回気づきました。多少,中骨に身が残ろうが,あばらを厚めにすき取ろうが,十分な大きさの半身がとれるので,気も楽です。その分,大胆に包丁も使えて,結果切り口がきれいだったりします。まあ,魚のさばき方や刺身の作り方は,まだまだ修行が必要です。修行するためには,まず魚を釣ってこないとね。(^^;;
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-28 21:38 | 酒と食い物
2005年 11月 28日
貫八大根
d0016761_1194254.jpg
先日釣った,カンパチのアラは,ブリ大根ならぬカンパチ大根にしていただきました。とてもおいしく,焼酎が進みました。左の椀は,アカヤガラです。別にゆでたアカヤガラの身に,鰹節と昆布で取った出汁を(塩と酒と醤油で味付け)注ぎ,ねぎとゆずを散らしました。アカヤガラは,その姿に似合わず?非常に上品で,ぷりぷりっとした淡白な白身でたいへんおいしかったです。調べてみると,どうも高級魚のようです。

え,カンパチの本体はどうしたかって? もちろん,みんなで当日においしく刺身でいただきました。(自分で写真を取り損ねたので,写真が手に入ったらアップします。)
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-28 01:30 | 酒と食い物
2005年 11月 25日
ジギング初挑戦 エピローグ
d0016761_0195899.jpg
今朝の新聞(11/24付 熊本日日新聞)の釣り欄に,こんな記事が出ていました。
これ,まさに昨日乗った船です。昨日行った場所も牛深沖です。思わず「嘘だろ~」と叫んでしまいました。
でも,昨日の結果はおいておいて,この船のHPの最近の釣果を見れば,嘘ではないか。
(追記:我々が釣行した11/23もアップされました。見て欲しいのは11/21や11/13です。たった2日前までは大きいのが釣れているでしょう!)
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-25 00:21 | FF以外の釣り
2005年 11月 25日
ジギング初挑戦 詳細レポ
というわけで,ジギングデビューしました。結果は下にもあるとおり,ネリゴ1匹のみでした。以下,詳細レポです。
d0016761_093117.jpg

我ら総勢6人のジギング素人集団は,4時に出発。5時に三角港に到着した。
レンタルタックルにはPE4号が巻いてあり,すでにビミニツイストでダブルラインが作ってあった。持参したリーダーをキャプテンに渡すと,キャプテンがリーダーを次々に結びだした(5セットレンタルした)。見ると電車結び。いろいろと結束も練習してきたが,キャプテンに倣って結局電車結びでリーダーを結束し,ジグまでつけてから,いざ出航。

ところで,この船のHPで最近の釣果を見ていると,こんな大きなブリが釣れているようです。

2時間近く走って,天草の牛深沖へ。ポイントをどんどん移動しながら,140gのジグをしゃくり続ける。前半戦の始めのころ,連れの一人A氏にヒット。あがってきたのは,なんと2m近いヤガラでした。ほんとに,細くて長い。ともの方で,おじさんが1匹ネリゴをあげたが,後が続かず移動を繰り返す。すると,連れのB氏が40cm近い立派なガラカブ(=カサゴ)をゲット。中盤を過ぎ,連れのC氏は40cmオーバーの高級魚アコウ(=標準和名キジハタ)をゲット。

時間も12時をまわり,いよいよ後半戦に突入なのだが,ここまで船中全体(我々を含めて10人のお客がいた)であがった青物は,ネリゴが2匹のみ。しかも我々6人組のうち,私を含めて3人にはあたりすらない。少々あせってくるが,本命は青物(ブリ・カンパチ)だもんね,と自分をなぐさめる。

1時頃,隣のお兄さん(お兄さんと言っても,僕と同年代なのでおじさんか(^^;;)がヒット!ネリゴだ,いいなあと思っていたら,ともの方でもヒットの声。初の連続ヒットだ。チャンス到来か!と思って気合を入れてしゃくっていると,突然僕のロッドがグゥーと引き込まれた。
おお!きたきた!僕にも来た!! この引きは青物でしょう。時々,ぐーと下に引き込むものの,心配していたような強い引きではない。たいしたサイズではないだろうと,ポンピングしながら巻いていると,網を持って来てくれた船長から「ポンピングしないで,リールで巻いて!」とアドバイスを受ける。後から聞くと,ジギングではスレがかりが多く,ポンピングすると身切れしてばらしてしまうことが多い,ということらしい。とにかく,無事にランディング成功。あがってきたのは,隣のお兄さんのより一回り小さい40cm台のネリゴ。小さいとはいえ,僕にとってはジギングでの初獲物。初の青物。しかも,本命。ほっとしました。

3連続ヒットで,時合到来ようやく群れにあたったかと思われたが,結局後が続かなかった。連れのパワフルC氏がヒットさせたものの,持ち前のパワーを発揮しすぎ,傍目から見ててもかなり強引な寄せでバラシてしまった。C氏いわく「最近,サケ釣りばっかりしてたからなあ」だって。

その後,連れのA氏,D氏にオオモンハタのダブルヒットがあって一瞬船上がわいたものの,青物は上がらず3時に納竿となった。残念ながら連れのE氏はあたりすらなくボ。乗船していた総勢10名のうち,青物をゲットできたのは4人で,全部でネリゴが5匹という,ちょっとさびしい釣果だった。代わりに,根魚が結構釣れたのでよかったと船長は言っていた。

上のほうでも書いたように,同じ船で3日ほど前は大きなブリが結構上がっている。それで,すっかり大きなブリが釣れる気でいたのだが,やはりというか,そんなに甘くはなかった。
今日は小潮だったので,そのせいかなあと思っていると,キャプテンが「小潮もあるばってんが,昨日地震があったからですね(熊本弁)」とのこと。なんでも,前日までバンバン釣れていても,地震があるとぱたっと釣れなくなるらしい。ふーん,そんなことあるんだ。そんなの初めて聞いた。というわけで,今回の貧果は地震のせいにしておこう。ちなみに小潮だとあまりよくないのは,魚が口を使わなくなるというのはもちろんあるけれど,潮が動かないので船が流れないというのも大きな原因のようだ。つまり,一流しでの船の移動距離が短くなってしまい(大潮だと200m移動するところが,小潮だと20m程度とか),その結果,一流しで探れる範囲が極端に狭くなってしまうということのようです。

今回は,はっきりいって不完全燃焼でした。周りが釣れているのに自分だけ釣れない(ジギングではよくあることのようです)のなら,ジグの選択・しゃくる速さ・しゃくり方・リーダーの太さや長さなど,考える余地はあるのですが,今回は周りも釣れていないので,結局パターンも何もつかめずに終わりました。青物の強烈な引きも味わえませんでしたし。収穫は,いろいろな結束方法を覚えたこと。それと,一日中140gのジグをしゃくり倒しても,体力的には大丈夫だったこと。右腕(僕は右手でロッドを扱います)の上腕二頭筋が疲れるかと予想してましたが,一番疲れたのは右手の握力,特に,ロッドのグリップを支えている小指と薬指の付け根が今でも若干痛いです。

同様に今回の結果に満足していない連れも多く,そのうちリベンジなんてこともあるかもしれません。返り討ちにあわないようにしないと。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-25 00:17 | FF以外の釣り
2005年 11月 23日
ジギング初挑戦 速報
d0016761_11401626.jpg
ジギングデビューは,40cmクラスのネリゴ(=カンパチ)1匹で終わりました。
船は総勢10名で,あがった青物はネリゴ5匹。ちょっとさびしい結果でした。
外道でヤガラ、キジハタ、アコウ、カサゴがあがってました。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-23 15:35 | FF以外の釣り
2005年 11月 23日
ジギング初挑戦 出航!
d0016761_1138580.jpg
本日は心配していた風もなく,波も低く,無事出航となりました。
釣れるといいな。(携帯からアップしています)
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-23 07:15 | FF以外の釣り
2005年 11月 21日
ジギング初挑戦 準備編
d0016761_21452914.jpg
今週の休日に,職場の人達6人でオフショアジギングに出かけることになりました。
三角港から出港して,天草沖か,波が穏やかなら長崎沖のアジ曽根とか鹿児島の甑島周辺などジギングの超有名ポイントまで出かけるらしいです。6人中,3人はジギング初挑戦,残り3人もこれが2~3回目という素人集団です。

リールやロッドはレンタルすることにし,まずはジグを買いに行きました。どんなのがいいのかわからないので,幹事の人が船長に聞いたのですが,商品名をいわれてもよくわからない。というわけで,船長とショップの人と直接やりとりしてもらい,薦められたのがこんなやつ。要は,長くてグローが入っているものがよいようです。140g程度のものを揃えました。

次に,手元にあったフライ用のバッキングラインを使って,本を見ながらビミニツイストの練習をしました。やってみたらビミニは簡単。PEのダブルラインとショックリーダー(今回は80Lb!)との結束をどうしようか悩んでいますが,あるHPでおすすめのSIGノットにしようかと思っています。しかし,ショップで聞くと,ビミニでダブルラインを作らず,普段僕がイカ釣りで使っているFGノットが一番いいとのこと。でも,このFGノット,ハーフヒッチで20回くらい編みこんでいくのが面倒なんだよなあ。船の上ではやってられないだろうなあ。

九州では,ブリの子供をヤズといいます。関東でいったらイナダ,関西だとハマチクラスでしょうか。ちなみにカンパチの子はネリゴと呼んでいます。ブリについては地方でいろいろな呼び名があるようですが,私が把握しているブリの出世は,
関東:ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ
関西:ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ
九州: ?1 → ヤズ → ?2 → ブリ
こんな感じです。九州で?に相当するのは何だろうと思って「ブリ・出世魚」で検索してみました。あるHPによると,
九州:ワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ → オオウオ
ということのようです。しかし,九州の新聞などを見ていると,ヤズかブリという名前しか見たことないような気がします。

ともかく最近では,5~10kgクラスのブリと呼べるサイズがあがっているようです。青物未経験で,しかもこんな大物がかかったら,いったいどんな引きなんでしょうか? とても楽しみな反面,ちゃんとランディングできるかどうかちょっと不安です。まあ,かかったらの話ですが。他にも,ジグのしゃくり方,あわせ方,ドラッグ調整,やり取り,一日中しゃくる体力があるか,,などなど不安はつきませんが,何事もトライあるのみですね!

天気がいいこと(=波が高くないこと)を祈るばかりです。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-21 21:53 | FF以外の釣り
2005年 11月 20日
兵どもが夢の跡
最近,釣りにも行ってないし,この時季なので花も咲いていないしで,ネタがない!
というわけで,ちょっと前のだけど風景写真でもアップします。
d0016761_1175987.jpg

宮崎県 霧島 御池 2005/11/3 撮影

宮崎県は霧島山系に数ある火口湖のひとつ,御池(みいけ)です。正面に見えている山は高千穂峰です。ちなみに,高千穂という地名は宮崎県の北部にもあり,天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)にこもったという伝説があるのは,北部のほうです。いずれにしても,神話の世界が息づいているような気がします。
ところで,タイトルの「兵どもが夢の跡」の意味ですが,この御池はかつて九州のルアーやフライフィッシングの黎明期に,モンスターレインボーやモンスターブラウンで沸いた湖だということです。なんでも,ダイワのスプーン「チヌークの赤金」が抜群に良かったとか。湖畔の食堂では,かつての大虹鱒の魚拓が飾ってあるそうです。今でも,名残のチビ虹鱒やブラックバスが多少は釣れるみたいです。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-20 01:42 | 日常あれこれ
2005年 11月 05日
ペアリング
d0016761_22204363.jpg
菊池渓谷(禁漁区です!)では,とても素晴らしい光景を見ることができました。
それは,ヤマメの産卵行動(=ペアリング)です。
写真のほぼ中央,一番左にいるのが雌です。その右下にいる一番大きい(尺あります)のが雄で,この2匹がペアリングしています。他にも5,6匹の小さな雄が周りを囲んでいて(写真では背中が白い個体が2匹写っています),あわよくば自分の遺伝子を残すチャンスを狙っています。雌はほとんど動かず,時折横になって産卵床を掘っています。雄は周囲の小さな雄を追い払うのに懸命でした。
この川は基本的に岩盤がむき出しの川なので,産卵床を掘れるような砂地の底は非常に限られています。写真の他にもう一組見ることができました。こちらの方が大きかったのですが,動き回っていたため写真を撮ることができませんでした。しかし,11月初旬とは本州に比べてちょっと遅い気がします(ちなみに,イワナの方がヤマメより遅いです)。
ヤマメの産卵行動をこんな近い川で見られるとは思いませんでした。非常にラッキーでした。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-05 22:41 | FWFFあれこれ
2005年 11月 05日
錦秋
d0016761_21524753.jpg

2005/11/05 熊本 菊池渓谷


熊本に来て,1年+1ヶ月がたち,2度目の秋を迎えました。今年は紅葉が綺麗です。
九州は人工林が多く,また常緑樹が多いので山全体がが赤や黄色に染まる綺麗な紅葉は望めないかと思っていましたが,今日訪れた菊池渓谷や菊池渓谷沿いの国道はとても綺麗でした。
ちなみに,黄色く染まっているのはイタヤカエデです。また,菊池渓谷の渓畔林は天然生林が保存されている(人が植えたわけではないが,人の手は入っていると思われる)のですが,主な樹種はケヤキでした。それも,とても立派なケヤキがたくさん渓流沿いに生えている様子は壮観でした。ケヤキはもともと渓流沿いによく生えるといわれていますが,初めてそれを実感しました。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-11-05 22:08 |