<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 10日
猪鍋
d0016761_0511811.jpg
猪鍋です。といっても,もちろん自分で獲ったわけでも自分で作ったわけでもありません。
先日,林業ボランティアなるものに参加しました。実は労働組合の動員です(あんまり,こんな生臭いことは書きたくないのですが)。国有林の35年生のヒノキ林で,手鋸による間伐と,高枝切バサミならぬ高枝鋸(スウェーデン製!)で枝打ちをするという作業内容でした。4人で4,5本間伐した後,こんな素晴らしいお昼ごはんが待っていました。というか,実をいうと猪鍋が出ると聞いたから,参加したんですけど(^^;; 久しぶりに猪肉を食べましたが,身はコリコリしていて,旨味もしっかりあり,まったく獣臭くなく(たまに,血抜きが悪いのか若干血生臭いのもあります),たいへんおいしかったです。
d0016761_058382.jpg
間伐の様子です。うまく倒れず,近くの木に引っかかってしまっています(かかり木)。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-12-10 01:02 | 酒と食い物
2005年 12月 02日
ヤマラッキョウ
ひさびさの花ネタです。
冬化粧を始めた高原の道端で,きれいな花を見つけました。
d0016761_1873889.jpg

ヤマラッキョウ Allium thunbergii ユリ科 ネギ属

2005/11/26撮影 熊本県吉無田高原

d0016761_1875776.jpg
山地の草原に普通に生える多年草です。いわゆるラッキョウ(鱗茎)ができているか,掘ってみればよかった。しかし図鑑によると「鱗茎は食べない」そうです。ちなみに,食用にするラッキョウ(A. chinense)は中国原産の栽培種だそうです。
これはネギ属なので,栽培種だとネギ・タマネギ・ニンニク・ニラ,野生種だとギョウジャニンニク・ノビルなんかと同じ仲間です。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-12-02 18:13 |
2005年 12月 01日
キジハタとオオモンハタ
今回のジギングでは,仲間内でハタの仲間が2種類釣れました。形も模様もよく似ていますが,上のは赤っぽくて,下のは黒っぽいです。船長は上を「アコウ」,下を「キジハタ」と呼んでいました。しかしネットで調べてみると,アコウ=キジハタと出ているのが多く,どうもハタの仲間は標準和名と地方名と市場での名前が交錯しているようで,混乱してしまいました。そこで,さらによく調べてみると,

d0016761_21435296.jpg



標準和名 キジハタ 
d0016761_21473313.jpg





標準和名 
オオモンハタ 

ということが判明しました。オオモンハタの特徴のひとつは「尾鰭後縁はやや湾入するか、まっすぐになっていて、白く縁取られる。」とのことで,これが決め手となりました。
標準和名キジハタは,関西から九州にかけて「アコウ」と呼ばれ,高級魚として珍重されているようです。

しかし,他にもオオモンハタによく似たホウセキハタだとかホウキハタだとかいて,マハタ属でも30種以上いるようです。ちなみに,「アズキハタあらためオオモンハタ?」で僕が港で釣った魚はやはりオオモンハタでよさそうです。ちなみにアズキハタは分布が日本では「琉球列島、小笠原諸島」となっており,また「4本の白色縦帯が走る」そうなので,これは明らかに間違いでした。

キジハタにしてもオオモンハタにしても,ジギングの外道とはいえ,大変おいしい魚なので大歓迎です。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-12-01 21:53 | FF以外の釣り