<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 19日
白川は今日も雨
d0016761_1782787.jpg
先週の釣りが終わった時点で,3月はもう行かないつもり(行けないはず)でしたが,白川は今日も雨。(今日というのは昨日の3/18土曜日のこと)。今週は先週より暖かな雨。となったら,行かないわけにはいきません。

時間は11時をまわり,ぽつぽつとライズ。おお,してるじゃん。しめしめ。今日は川上からの吹き降ろしの風が吹いていたのでダウンクロスで狙う。ほどなくして,それほど頻繁ではないものの5,6ヶ所くらいでライズが始まった。イタダキ,グフフ・・・

と思ったのが甘かった。渋い渋い。

ぜんぜんフライに反応してくれない。こっちでライズしたので狙っていると,あっちでパシャ。じゃあ,そこだと思ってフライを流していると,今度はそっちでパシャ。的が絞れず,1時間ほど翻弄されつづけているうちに,ようやく釣れてくれたのが写真の魚22cm。

その後もライズはしており,フライを取っ替え引っ替えして戦いを挑んだのですが完敗。
トータル2時間攻め続け,手が尽きたのとお腹がすいたので,いったん車に戻り,おにぎりをほおばりながら上流を見に行くことに。
ライズ発見。こいつはあっさりとフライを咥えてくれました。21cmくらいかな。癒してもらいました。フライはコンパラダンの#17,ウイングはmattさん風,ボディは備前さん風。

その後,最初のポイントに戻り,再度戦いを挑んだのですが返り討ちにあいました。

しかし,今日は厳しかったです。たまにフライに出るのですが,フッキングしないか,乗ったと思ってもすっぽ抜けることが多かった。フライがきちんと流れていないか,フライが見切られているのか,その両方でしょうが,どちらにしても先週に比べて魚たちはとっても賢くなっていました。連日攻められているのでしょうね。

これで3月の釣行は終わり,次は4月に入ってからになります。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-19 18:00 | FWFF釣行記
2006年 03月 15日
ヒレボロの尺ヤマメ? それともヒレピンの20cm?
3/12の春の渓流で書いた,『いろいろ』の続きです。
詳しくは,私のHPの,2006/3/11の釣行記にも書きましたのでこちらもご覧ください。

まずはこれを見てください。どちらも尺あります。
d0016761_23504554.jpg
d0016761_23503513.jpg
実は,いきなりこんな尺上が5連発!さらに28cmも3つと,尺前後(28~32cm)の大きな奴が立て続けに8匹釣れました。いかつい顔をしていて一見立派に見えますが,でも良く見るとヒレが丸いです,上の魚はまだましですが,下の魚をよく見てください。胸鰭がないのがお分かりになるでしょうか。尾びれも丸いです。

そうです,成魚放流魚だったのです。
どうも今年は解禁前に成魚放流をしたみたいです。しかも尺前後の大きいのばっかり。

成魚放流とはいえ,たしかにライズがらみでこんな大物が釣れた時は楽しかったです。

最初の2,3匹までは・・・

でも,なんだかだんだんむなしくなってきました。

(今年の目標でもある)尺ヤマメがこんなに簡単に,しかもたくさん釣れていいのか?


d0016761_0134437.jpg
一方こちらは,(おそらく)稚魚放流モノの21cmです。あんまりいい写真じゃありませんが,どうです?やっぱり綺麗ですよね。上の成魚放流魚はヒレが白っぽくて丸いのに対して,こちらはヒレが赤みがかってピンと尖っています。


ヒレボロの尺ヤマメ? それともヒレピンの20cm? あなたはどっち?





えっ? お前はどっちかって? 僕自身は・・・ ヒレピンの尺がいいです...
d0016761_0291125.jpg
これは3/12の記事と同じ魚(28cm)ですが,こういうのがいいです。


(追記)
後から読み返してみると,まるで『成魚放流反対』みたいに読めてしまいますね。
別に成魚放流に反対なわけでなくて,憧れの尺ヤマメが5匹もポンポンポンと釣れてしまったので,あれ?と思ってしまったわけです。尺ヤマメがこんな簡単に釣れてはいけませんよね。

成魚放流でも,20cmクラスに混じって尺が釣れたのなら素直に嬉しかったと思います。
そのうち,魚も散るでしょうし,数か月もたてばヒレも綺麗になってくることでしょう。C&R区間だけに,それまでこの魚たちが残っていることを期待します。

ヒレが綺麗でも小さいのばかりだと大きいのが釣りたくなるし,大きいのが釣れたと思ったらヒレが丸くて全部同じサイズとなると今度は小さくてもひれが綺麗な奴を釣りたくなる・・・

なんて勝手なんでしょう。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-15 23:58 | FWFFあれこれ
2006年 03月 13日
雨,強風,激寒・・・ライズ有
d0016761_00412.jpg
今日は予報通りに雨。というわけで予定通り,白川に行ってきました。昨日は標高が高い渓流でも20度に達するほど暖かかったのですが,今日は冬に逆戻りで寒くなるようです。寒くなるのはわかってはいましたが,阿蘇の寒さをなめてました。今日は寒さとの戦いでした。

11時に現地着。今日もいつもの熊本三人組です。下流からポイントをチェックすることに。えらく濁っている。こんな濁るほどの雨じゃないと思うんだけど,,,日曜なのに工事してました。

有名ポイントに着くと,珍しく誰もいない。ためしに覗いてみると・・・ライズ! ライズ!!
なんと,あちこちでライズがあるではないですか。ラッキー! それを見た瞬間の,ヒゴギッチョさんの着替えの早かったこと(笑)。正しいフライマンです。

3人でそれぞれ別のライズを狙えるほど,あちこちでライズしています。白川でこんなにライズしているのは初めて見ました。やはり,「白川は雨がいい」というのは本当のようです。しかし,今日は冷たい雨だけでなく,風も強くて寒い寒い。風は下流から上流に吹いており,ダウンに投げたフライが自分に戻ってくるような感じで,まともにキャストできるような状態ではありませんでした。

狙っていたのとは反対側でライズしたので,そちらを狙って数投目,見えないフライがそろそろライズポイントに差しかかるだろうかという時に,同じようなフォームでライズした。合わせてみると,乗りました。20cmちょっとと白川にしては小さいですが,釣れ方は満足できるものでした。

まだライズは続いていますが,あまりの寒さに耐え切れなくなり,私はいったん川から上がりました。手がかじかんで,フライの交換もままならない状態でした。
このポイントではしばらくライズが続きました。僕が寒さに負けて見学している間に,お二人は数匹ずつ釣りました。お二人が川からあがってきたのでラーメン屋に。いや~,温まりました。だいぶ生き返りました。

ラーメンの後,夕方もうひと頑張りしようと川に戻りました。結局,ライズを1発見つけて獲れたのが写真の魚です。大きく見えるかもしれませんが,22cmです。白川のヤマメは模様が薄くて銀ピカです。これが尺まで育てば,いわゆる『白川の砲弾ヤマメ』になるのでしょう。3人の中ではヒゴギッチョさんの27cmが最大でしたが(かっこよかった~),他のグループでは尺クラス(29.5cm)も釣れたようです。umiosaruさんは久々のヤマメ釣りなのに,ライズ狙いで5つも獲って絶好調でした。これでメバルに専念できますね(笑)。

私は白川2年目ですが,今年の白川は去年に比べれば,だいぶ状況がいいようです。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-13 00:34 | FWFF釣行記
2006年 03月 12日
春の渓流
d0016761_112311.jpg
今日は渓流に行ってきました。過去2回は里川でライズ待ちの釣りでしたが,今シーズン初の渓流です。いいヤマメが釣れました(28cm)。

ある方のブログの記事雨の白川で尺ヤマメの写真を見て以来,頭の中で尺ヤマメがライズしています。ですからこの土日も白川に行くつもりでおりました。しかし,天気予報では土曜日は暖かくて晴天,一方日曜日は寒さが戻り曇り時々雨。白川はピーカンだとあまりよくなく,雨の方がいいみたい。前日の夜までは白川に気持ちは傾いていましたが,暖かくて晴れなら渓流のほうがいいかな?とも思っておりました。朝6時過ぎに目が覚めてしまった時点で,渓流へ行くことに決定。というわけで梶原川のC&R区間へ行ってまいりました。

実はいろいろとあったのですが,とりあえずここまで。

d0016761_173424.jpgいろいろの一部。実は尺あります。が・・・・・ (詳しくはそのうち)
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-12 01:09 | FWFF釣行記
2006年 03月 05日
今シーズンの初ヤマメ
d0016761_21414187.jpg
今日こそはヤマメの顔を見ようと,かの有名な阿蘇の白川へ行ってきました。去年は3度ほど行きましたがほとんどライズを見つけることができず,厳しい状況でした。しかし,今年は解禁から結構良いという情報が入ってきてます。
昨日の帰り道,ヒゴギッチョさんと11時に現地集合の約束をしました。umiosaruさんは,家庭の平和を考慮して今日はお休みです。エライ! ヒゴギッチョさんの仕入れた情報では,昨日はバンバンライズしていてピークは2時ごろだったようです。なんでも『入れパク』だったそうな。

予定通り11時に現地着し,いくつかポイントを見ながら,お目当てのポイントへ入ったのが11時半過ぎ。するといきなりライズ発見!同じスポットで2匹くらいが安定してライズしている。昨日はライズすら見てないので,ライズを見られただけでも嬉しい。ヒゴギッチョさんに譲っていただき,狙わせてもらう。
すぐにドラッグがかかって難しかったが,10投目くらいだったろうか,フライが流れているはずのあたりでスポッとライズ。合わせてみると,ヒット! ライズから見てチビだろうとタカをくくっていたが,結構大きい。だけど,たいして引かなかった。無事にランディング。実は26cmもありました。2006年シーズンの初ヤマメです。やっと白川でライズを狙ってまともに釣れました。2年越しです。ちなみにフライは9年ほど前に巻いたコンパラダンの#18。

直後にヒゴギッチョさんもライズしてたヤマメをヒットさせ,始めて30分もたたないうちに2人とも1匹ずつ釣り,『こりゃー幸先いいぞ,今日はいいかも。』と思い,気持ちに余裕ができました。
しかし,しかし,この後は3時までこのポイントで水面を眺めてましたが,ライズのラの字も起こらず,ライズを探しながら移動して単発ライズを見つけ,フライに出たもののフッキングせず,そうこうしているうちに4時半を過ぎ,何にもないまま終了となりました。

昨日は午後の2時ごろがライズのピークだったようですが,今日は,いろいろな人に聞いてみると,結局11時半くらいが一番よかったようです。我々はぎりぎり間に合ったことになります。午後はどこもダメだったみたいです。昨日と今日で天気も晴れだし気温も同じ位だと思うのですが,何が違うんでしょう?

昨日良くても今日はダメ,良く聞く話ではありますが,こればっかりは来てみないとわからないものです。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-05 22:11 | FWFF釣行記
2006年 03月 04日
祝!渓流解禁!!
いよいよ渓流が解禁しました。みなさん,渓流に出かけましたか?私は今日が解禁でした。
d0016761_2253370.jpg
d0016761_22531188.jpg
d0016761_22532725.jpg
d0016761_22533728.jpg

これ,全部今日釣ったものです。 あれ? 渓流行ったんじゃないの??

実はいつもの熊本3人組で,某マイナー里川へライズ狙いの釣りに出かけました。でもちょっとその前に,朝一は地磯に寄ってメバル釣り。下りの中潮で朝5時半の干潮に合わせて現地着。さすがにまだ暗かったです。6時すぎから2時間ほどやりました。さすが有明海,今日は干満の差が3mくらいあり,潮が満ちだしたらどんどん水位が上がっていきました。メバルは小さくて14cm以下が4つ。上から2つ目の写真なんて10cm!でした。

それから里川へ移動。海と川のダブルヘッダーです。こんなことできるのも熊本ならではかもしれません。昼間は,各種カゲロウやトビケラのハッチはかなりあったものの,ヤマメのライズはとうとう発見できませんでした。(3人のうち一人は1匹釣りました)。実は外道でオイカワを釣ったのですが,写真を撮らずに即リリース。写真を撮っときゃよかった。教訓:信じて待つ

自宅近くまで帰ってきたら日暮れまであと30分ある。umiosaruさんと二人で,おなぐさみに鯉でも,って話になりました。ところが大渋滞。日暮れは迫ってます。渋滞回避のため裏道をつないで,急遽近所の川へ。ぎりぎり間に合いました。鯉ポイントを知りつくした自称チャミングマスターのumiosaruさんにポップコーンを撒いてもらうと,暗くてコイの姿は見えないものの水面のあちこちでポワーンと波紋が広がります。しかも浅いため,コイが上流に移動してくる波が確認できる。大型のエッグフライをドライシェイクでパフパフにして,移動してくる鯉のちょっと上流にダウンクロスで流し込む。おお,波が近寄ってきてフライ近くの水面が盛り上がった!しかしフライはそのまま。自称鯉の教育係のumiosaruさんによって,よく教育されているようでなかなかシビアです。
あたりがすっかり暗くなった頃,ようやくヒット!何か鯉にしては引かないなあと思ったら,釣れてきたのは鯰(54cm)でした。初めてナマズを釣りました。そろそろ終わりにしようかというところで,とうとうコイがヒット!めっちゃ引きます。寄って来たと思ったらいきなり20mくらい下流に走る走る。久々にリールの逆転音を聞きました。しかもグングングンと首まで振ってくれます。めちゃくちゃ楽し~。ファイトしながら笑いが止まりませんでした。ようやく岸にずり上がると,でっぷりと太ったコイ,60cm。尾びれもすごくでかかったです。

いや~,鯉に慰められました。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-04 23:10 | FWFF釣行記
2006年 03月 02日
椎茸
d0016761_1983510.jpg
先日,山で天然の椎茸を見つけました。多分,十中八九シイタケだと思います。
ちなみに,出ていた木はバリバリノキです。

写真に写っているのはほんの一部で,晩御飯の味噌汁にでもしようと大きい奴だけ採ったのですが,後で分けてもらうのを忘れてしまいました。残念。


翌年追記:
次の年も同じ木に出ていました。
持ち帰って調べたところ,シイタケではありませんでした!

ヌメリツバタケ

食べられます。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-02 19:16 |