<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 29日
二度目の解禁最終日 プロローグ
久しぶりの独身生活も4月29日で終わり。つまり,二度目の解禁も28日が最終日です。

解禁中は頑張ってあちこちに釣りに出かけましたが,さて,最終日はどこに行こうか? ヤマメ? イワナ? それともメバル?

ヤマメは,4月頭に通ったが念願の尺には一歩届かなかった。最終日はヒゲナガでイブニングの一発大物狙いというのもいい。

イワナは,先々週uraさんと行ったが今ひとつぱっとしなかった。去年のGWの楽しい思いが忘れられず,それを味わうのなら28日がラストチャンス。

メバルは,先週たまたま入ってみたところがアタリで楽しかった。潮周りは違うけど,今週もその場所が満潮前にいいかどうか確かめてみたい。

さて,どうするか?


金曜は定時で家に戻り,どこに行くか悩みながらも,とりあえずメバル用キャンディを巻きだした。

イワナも行きたいけど、メバルも行きたい。しかし,この日は満潮が朝の5時半。寝ずに朝までメバルやって,天草からイワナの川へ行くと5時間はかかる。

「やっぱり両方は無理だよなあ」と思いながら,キャンディにエポキシを塗りたくる。

「明日イワナに行くなら,今晩のメバルは止めておくべきだよな」と考えながら,イワナ用のパラシュートを巻き巻き。

「まあ,とりあえずメバル行って,明日のことは仮眠してから明日考えればいっか。しんどかったらゆっくり寝て,イブニングだけでもいいんだし」と考えながら,キャンディに二度目のエポキシを塗りたくる。

その時,uraさんからメールが入る。

「明日,イワナの川,行きまっせ~!」



はい! メバル&イワナの徹夜釣行決定!!
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-29 15:41 | FWFFあれこれ
2007年 04月 25日
ドウダンツツジ
調子に乗って,花ネタ というより素人カメラネタ? の更新です。

ドウダンツツジ Enkianthus perulatus ツツジ科ドウダンツツジ属
2007/4/20撮影 熊本市

d0016761_1145076.jpg
           K100D+TAMRON 90mm MACRO, ISO200,F8,1/400秒,絞り優先

d0016761_115842.jpg
           K100D+TAMRON 90mm MACRO, ISO200,F22,1/50秒,絞り優先

手持ちですがほとんど同じアングルで,絞りだけ変えて撮ってみました。上の写真がF8,下の写真はF22です。上の写真は手前の花だけにピントがあっていますが,下の写真は後ろの花までピントがあっています。絞りによる被写界深度の違いが実感できました。

花の写真として見ると,上の写真は手前の花が浮き出して見えるのに対して,下の方はちょっとうるさく感じます。花を撮る場合,あまり絞らず背景をぼかしたほうが見た目の印象がいいと思いました。

ところで,せっかくのマクロレンズだったので,花のアップの写真も撮ればよかったです。


ちなみに,こちらは2年近く前にコンデジで撮ったベニサラサドウダンです。
d0016761_1152968.jpg

ベニサラサドウダン E. campanulatus var. rubicundes
2005/6/5 木曽赤沢
KONICA MINOLTA DiMAGE X50


[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-25 01:56 |
2007年 04月 24日
ぜいたくチャーリー
昔からマクロレンズの名玉といわれているらしい,タムロンの90mmマクロ(TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1)を借りてきた。
ためしに,手元にあったクレージーチャーリーを撮ってみた。
d0016761_22437100.jpg

K100D+TAMRON 90mm MACRO,ISO800,1/100秒,F4.5

d0016761_2244428.jpg

K100D+TAMRON 90mm MACRO,ISO800,1/30秒,F4.5


カメラの撮影モードは「マクロ」で,露出はカメラ任せ。ピントはマニュアルで撮りました。
画像サイズだけは小さくしていますが,もちろんトリミングはしてません。

#4くらいのフックですが,さすがに等倍のマクロレンズ。こんなに大きく写せました。
ポーラーベアーの毛の1本1本もはっきり見えます。

たかが?メバル用のフライに北極熊の毛を使うのはもったいないと思うかもしれませんが,将来のためにと,ずいぶん前に買った良質なものと,カナダ土産でもらったやや品質の劣るものを持っています。大事大事にとってありましたが,このままデッドストックで眠らせておいてもしょうがないので,品質の劣る方はどんどん使っていくことにしました。

ところで,このボディ,ちょっといい感じでしょう!?

上の写真のボディはクリスタルフラッシュのパールを下巻きに,下の写真のボディは100円ショップで見つけた白くてピカピカ虹色に光るラッピング用のヒモを下巻きに巻いています。その上から,モノフィラメント(釣り糸の8号)をぐるぐる巻いて,瞬間接着剤で固めてあります。


ちなみにこの瞬間接着剤,乾いても白くなりません。また,瞬間接着剤って封を開けると,たいていノズルの先端が固まってすぐに使えなくなってしまいますよね。でも,これは封を開けて数ヶ月経ちましたが,まだちゃんと使えます。ちょっとお値段は高かった(希望小売価格735円)ですが,やっと気に入った瞬間接着剤を見つけました。セメダイン社の「ロックタイト タフボーイ P5g」
d0016761_22201269.jpg

[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-24 22:20 | SWFFあれこれ
2007年 04月 23日
昨日の晩餐
d0016761_17433381.jpg

メバルの刺身,アオリイカの刺身,メバルの塩焼き,ゲソとエンペラのバターしょうゆ炒め,ガラカブ(カサゴ)の味噌汁。

そして,ビールに芋焼酎。


自分用だし,早く食いたかったので,盛り付けも写真もほげほげですが,どれも旨かったです。ただ,イカの刺身はもう1日置いた方が,柔らかくなって甘みが出ておいしかったかもしれません。


しゃーわせでした。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-23 17:44 | 酒と食い物
2007年 04月 23日
イカとメバル
d0016761_0534215.jpg


金曜の晩は飲みすぎ記憶を失いましたが,土曜の朝気が付いたらちゃんと布団で寝てました。
まだ,酔っ払った状態で朝8時半からの団地の草刈りをすまし,昼寝をしてから,午後2時過ぎ,ゆっくりと天草に向かいました。

今日の満潮は夜の11時半ですが,まだ明るい時間にメバル探索をかねて久々にイカの刺身を調達しようという魂胆。どこに行こうかずいぶん迷いましたが,2年前イカで天草に通っていた時に,印象の良かった港に5時半前に到着。ここは数は出ないけど,最後に何とか1杯という時に期待を裏切らなかった記憶がある。

果たして,今回も1投目か2投目でした。イカが追ってきた姿が見えたわけではないけど,何となく水面近くでステイさせたエギにイカが抱きつきました。サイズは200g台といったところだけど,食べごろサイズ。ヨシヨシ,これで久々にアオリイカの刺身が食える。

最初にイカが釣れちゃったもんだから,ついついこの港で長居をしてしまい,メバル探索をする時間がなくなり日が暮れる直前にいつもの港へ。一週間前,umiosaruさんが夕まずめにチビメバルを連発し,大きいのも見えたという話でしたが,今日はまったく反応なしでした。

8時過ぎ,夕飯を食うため牛深へ。せっかく牛深まで来たのだから,イカでも釣ろうと2年前に良かったポイントへ行ったが,すごい向かい風でした。3投くらいエギを投げたがすぐにあきらめ,目玉親父を護岸際にリトリーブしてると,
d0016761_192795.jpg

こんな変な魚が釣れました。サイズは15cmちょっとくらい。何でしょう,これは?

風裏に移動。そこにはすでにエギの兄ちゃんがいたため,イカ釣りは本職にまかせてメバルはいないかなとフライロッドを持つ。これが大当たり!一投目から20cmが来ました。続いて3回連続でアタリがありました。腰を据えてじっくりと狙うと,ここで7匹も釣れちゃいました。サイズは20cmが3匹で,あとは15~17といったところでしたが,#4ロッドだったこともあり楽しめました。
狙いはいつもの通り,堤防の際。フライはいつもの4cmくらいのキャンディパターン。
d0016761_1275799.jpg
d0016761_128549.jpg
背中はきれいなエメラルドグリーン。ゆえにブルーバック

満潮の時刻が近づいてきたので,本命のいつもの港へ移動。

すると,あちこちでぱしゃぱしゃとライズしています。メバルのまともなライズを初めて見ました。
しかし,何とか届くライズポイントにいろいろなフライを投げてみますが,まったく反応してくれません。うーん,わからない。神戸から来たsinさんは,多分この状況でフローティングエビちゃんフライで釣ったんだと思うんだけど・・・ この晩はフローティングエビちゃんにも振り向いてもらえませんでした。メバルのライズは難しい。

結局,いつものフライで堤防際をリトリーブしてチビを3匹釣ったが,さっきがよかっただけに何だかぱっとしない。時間も深夜1時をまわり,故あってこの時間になってしまった熊本3人組+1名が登場。故あったとはいえ,まさかこんな時間から現われるとは思わなかった。しかも3人そろって・・・

さらにサイズは小さくなり10~15cmを3匹ほど釣ったところで,満潮前に良かった港へ一人で移動した。しかし,柳の下に2匹目のドジョウはいませんでした。

さらに隣の港に移動して,1投目でチビカサゴが釣れた。
d0016761_1392691.jpg
15cmくらいだけど,味噌汁用にありがたくキープさせていただいた。

メバルの反応はないが,イカの気配はあるのでエギを投げると,1年使ってなかったPEラインが団子になってガイドにひっかかりエギだけが吹っ飛んでいった。時間はすでに午前5時。雨がぱらついてきたこともあって終了。

熊本3人組+1名は朝まずめに賭けて1時間移動して別の港に行ったけど,ダメだったみたい。

帰り道,よせばいいのに,2週間前1匹だけつれたポイントが気になりちょっと遠回りして寄ってみた。時刻は6時をまわりすでにすっかり明るい。餌氏が2人いたので邪魔にならないように,フライを投げると岸際の藻の中からメバルが飛び出した。サイズはやっぱり小さく15cm以下だったが,ここにもブルーバックがいることが確認できた。ここで3匹。
d0016761_1454312.jpg


家に帰る途中,あと1時間というところでとうとう力尽き,車の中で2時間ほど爆睡してしまいました。アウトバック(車)の後部座席を倒せば,荷室にかけて足を伸ばして普通に平らに寝られることがわかったのも収穫でした。結局,家に着いたのは午前11時過ぎ。車で寝ている間に大雨となったので,今日は渓流はやめときます。


すでに4月も後半。アオリイカにしてもメバルにしても主な釣りの季節は冬となっていて,この時期は数は少ないけど,釣れたらでかいと聞いていました。まあ,イカはついでだし,1匹でも釣れたからよかったです。しかし,メバルは数は出たけどサイズは小さかったです。大きいのは,どっか行っちゃったのかな?

おそらく,しばらく海はお休み。次はカマスの時期になりそうです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-23 01:52 | SWFF釣行記
2007年 04月 19日
シラン
d0016761_19555070.jpg

久々に花ネタです。

  『この花,なんていうか知ってる?』

  「いや,知らないです。」

  『何だ,知らんのかあ』

  「何ていうんですか?」

  『知らん』

  「えっ??」

  『いや,だから,シランだよ紫蘭!』

なーんて,親父ギャグによく使いました。

d0016761_2023047.jpg

d0016761_2075868.jpg

シラン Bletilla striata  ラン科シラン属  2007/4/19撮影



一眼レフデジカメを持ち出し,レンズを換えて遊んでみました。カメラはPENTAXのK100D。
レンズは,一番上の写真がsmc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited,真ん中がsmc PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited,一番下がSIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO (撮影時の焦点距離は70mm)です。ちなみにシグマのだけが自分のレンズで,あとの2つは借り物です。

背景のボケ具合とか,描写力とか,レンズによる違いを試してみたかったんですが・・・
もうちょっといろいろ撮ってみないと,よくわからないです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-19 20:19 |
2007年 04月 16日
イワナは気まぐれ
d0016761_043681.jpg

土曜日の早朝,北九州からuraさんがやって来ました。

uraさんといえばイワナでしょう。ということで去年のGWにいい思いをした川に行ってきました。

まだ,朝早いので1時間ほどヤマメ狙いで行ってみましたが,二人とも20cmくらいのヤマメを1匹ずつ。目的の川に移動しました。なぜだか,今日は釣り人の車がありません。11時半に入渓。

大場所からは反応がなく,小場所を丹念に探るとたまに出てくるのは20cm以下のチビばかり。しかも数も出ない。6時半まで頑張りましたが終わってみれば計5匹。1匹だけ20cm越えましたが,といっても21cm。この日は,出てもはずし,かけてもばらしが多かったです。

uraさんも結果は5匹でしたが,大場所で粘ってしつこく流す作戦で,途中で24cm,最後の最後にも23cmをあげ,チビばかりの私にはちょっとうらやましかったです。

さて,uraさんは日曜日もOKということで,明日はどこ行くか? 車中泊するか??
ちょっと悩みましたが,急遽熊本で『飲む』という非常に魅力的な案が浮上し,家に帰ることにしました。さすがに車1台で大の大人が2人寝るのはちょっと厳しかったこともありますが。

というわけで,家に帰る途中で温泉につかり,水分を我慢して私の行きつけの居酒屋へ。

ビールがおいしかったこと。
話も盛り上がり,楽しい時間を過ごしました。

やっぱり二人とも飲みすぎ,また遡行の疲れもあり,日曜日は朝9時までぐっすり休みました。

d0016761_041624.jpg

これは土曜日の1匹目。19cm。




本日の日曜日。

朝起きるといい感じの曇り。昨日は夕方になってからちょっと状況が良くなったこともあり,結局,昨日と同じ川の別の区間に入ることにして昨日と同じ道を車を走らせた。

今日はそれなりに釣り人の車が停まっていて,予定した区間には先行者がいたため,昨日とまったく同じ区間に入ることになり1時20分に入渓。

入渓早々,私が落ち込みの肩から良型に走られたと思ったらuraさんが25cm弱を釣り上げた。
d0016761_050090.jpg

今日はいいかも!?

期待に胸がふくらみましたが,やっぱり昨日と状況は変わらなかった。

今日も6時半まで頑張り,最後の30分で3匹ずつ釣り,しかも最後の最後でやっと20cmを越えたの(23cm)が出たので溜飲を下げました。終わってみれば二人で仲良く6匹ずつでした。


去年のGWのいい印象が強くて期待が大きかっただけに,チビばかりとはいえ6匹も釣って贅沢だ!といわれてしまいそうですが,この2日間の結果はちょっと期待はずれでした。

もともと今年は数が少ないのか,餌釣りの仕掛けが引っかかっているのを見たのですでに抜かれてしまったのか,それともまだサビが残っている個体が多かったので若干季節が早いのか?

今年もGWに確かめに行きたいけど,GWは4/29に子供を迎えに行き実家めぐりの予定。というわけで二度目の解禁は4月限定なのです。残る週末は来週のみ。ラストチャンスは4/28です。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-16 00:42 | FWFF釣行記
2007年 04月 10日
信じて待て! の続き
d0016761_025553.jpg

川底にびっしりと見える,この黒いものは何でしょう?

実は,これ全部おたまじゃくしです。すげー数です。
ヤマメはこれ食ってないのかな? 楽に食える栄養価の高そうなごちそうだと思うんだけど。

さて,日曜日の釣行レポの続きです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-10 23:15 | FWFF釣行記
2007年 04月 09日
信じて待て!

釣れたか釣れていないか・・・

よく分からないタイトルですね。一年前にも同じ言葉を書いたような気がします。

たった今(0時5分前),居酒屋で飯を食ってお酒も飲んで帰ってきました。
4月限定の二度目の解禁を迎え,張り切りすぎてお疲れ&睡眠不足のGakuです。


えーと,今日も行っちゃいました。

当初の予定では,今週末の3部作はメバル,ヤマメ,イワナのつもりだったんですが,昨日ヤマメがダメだったもんだから,今日はイワナをやめてヤマメにしました。

今日も天気予報は晴れ。昨日の昼間のピーカンはダメだったという経験から,朝日が山の端から昇りきる前に川に立ってみたかった。そのためには朝6時には家を出ないといけません。しかし前日は睡眠時間3時間。昨晩も寝たのは1:30。一応,5:50に目覚ましをかけたつもりでしたが実はスイッチが入っていませんでした。それでも,目が覚めたのはちょうど6時。なんで釣りだと早く目が覚めるのでしょうか?


とここまで書いておきながら,めちゃくちゃ眠くなってきました。

というわけで,結果を先に書きますと,本流ははずしました。昼間の支流では成魚放流ものが多かったものの,20cm前後をたくさんしばいて気が済みました。

今日もemoyanさんにお世話になりました。ありがとうございました。

続きは,また明日。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-09 00:25 | FWFF釣行記
2007年 04月 08日
本日は晴天なり
d0016761_23402831.jpg

宣言通りヤマメ釣りに行ってきました。
ご覧の通り,今日はピーカン・・・
つまり,まったく釣れなかった言い訳をしているわけで,タイトルでわかった人は鋭い!

釣れなかったレポを読む
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-08 00:15 | FWFF釣行記