2007年 09月 28日
ついでにウエーダーのこと
ウエーダーの話が出たので,今さら書くほどのことではないかもしれませんが,ついでにストッキングフットとブーツフットのメリット・デメリットについてちょこっと。

<ストッキングフットタイプ>
 ・裏返せるので,中側も干せるし,裏から補修もできる。
 ・ウエーディングシューズと組み合わせられるので,足元がしっかりして安心。
 ・脱ぎ履きが面倒。
 ・靴の中に砂が入る。

<ブーツフットタイプ>
 ・裏返して干せない。
 ・足元がちょっと不安。
 ・脱ぎ履きが楽。
 ・靴とウエーダーが一体成型なので砂が入らない。
 ・金属部分がないので錆びない。

というわけで,がしがし歩く必要のある渓流の遡行ではストッキングフット,あまり歩く必要のないライズ待ちの釣りや海の釣りではブーツフット,というふうに使い分けています。とりわけ海では,砂が入らない,錆びない,という点でブーツフットのほうが良さそうです。

ちなみに私,贅沢にもネオプレーンのウエーダーもストッキングフットとブーツフットと両方持っています。ネオプレーンのストッキングフットの方は,冬の湯原や早春の長良川,春先の魚野川,そして夏場でもフローターの時に活躍しました。ブーツフットの方は,たまたま半額以下で叩き売られていたのでつい買ってしまったものです。しかし,九州ではネオプレーンはほとんど必要ありませんね。九州のフライマンは,ネオプレーンは持っていない人の方が多いのでは?

一般的には,最初にゴアのストッキングフット,次いでネオプレーンのブーツフットをそろえれば十分のような気がします。

どうでもいい,私のウエーダー遍歴を読む。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-28 03:06 | FWFFあれこれ
2007年 09月 26日
ウエーダーの補修
今シーズンの渓流もラストスパート。皆さん,この3連休は楽しんできましたか?

すでに渓流が自主禁漁となってしまった私は,この3連休にウエーダーの補修をしました(悲)。

ゴアのウエーダーは,ストッキングフット(3シーズンバリバリ?使用)とブーツフット(5年目だが使用頻度低し)の2つ持ってますが,どちらも膝の裏あたりから,じわーと浸水してきているみたいです。目で見える穴はあいてないし,冷たくない程度なので,ほんとに小さな穴か縫い目あたりが怪しい感じです。


みなさん,ウエーダーの穴を探すのにどんな方法を使っていますか?


もちろん,目で見て明らかに分かる場合はいいのですが,そうでないけどじわーと浸水している時。

私が,今までやった方法は,

 ①ウエーダーを裏返して(裏返さなくてもいいかも)水を入れ,じわーと水が染み出してくる
   箇所を調べる。
 ②自転車のタイヤのパンクを探すのと同じように,ウエーダーの足の部分に自転車の空気
   入れで空気を入れ,風呂につけて泡(空気)が出る箇所を調べる。

①が一番直接的で確実なのですが,両面濡らしてしまうので,両面干してからでないと穴の補修ができない。あと,裏返して裏面を濡らしてしまうと,じわーと染み出してくる部分がわかりにくい。②は,空気の泡が出てくるのはとてもわかりやすいのですが,やっぱり干さなくてはいけない。また,空気を入れるのが意外に手間。今回やってみた時には,すぐに空気が抜けてしまってやってられませんでした。

そこで,ネットで調べてみると,

 ③部屋を暗くして,ウエーダーの内側にライトを入れ,光が漏れる箇所を調べる。
 ④揮発性の高いアルコールのような液体をウエーダー表面にふりかける。
   濃く染みたところが穴もしくは薄くなっている部分。

という方法が見つかりました。

④はやってないので,よくわかりません。しかし,③をやってみると,

d0016761_325363.jpg
このように,穴の部分がぴかっと光ってよくわかります。この方法はお手軽で,しかもわかりやすくていいかも!

でも,この穴は腰あたりで,気になっていたところとは違います。他に穴はなく,光がよく透けて見えるのは,結局縫い目でした。縫い目は裏からシームテープが貼ってあるので,基本的には浸水しないはずなんですが・・・

この③の方法では,膝裏あたりの浸水箇所を特定できませんでしたが,縫い目のどこからか浸水しているんだろうということで,結局,ブーツフットタイプは,表から見える縫い目すべてをアクアシールで覆ってしまいました。ストッキングタイプも裏返して,膝下全部の縫い目にセメダインスーパーXを塗りたくりました。

のりを替えたのは,値段の高いアクアシールがなくなりそうになり,セメダインスーパーXの大きなチューブが手元にあったからです。ウエーダーの補修といえば,昔からアクアシール。乾いても弾性があり,特にネオプレーンの補修にはいい感じです。最近ではUVシールも出回っていて,ピンホールを現場で補修するにはとても便利そうです。でも,値段が高いのと乾くと固くなるので,広い面積にはちょっと使えないかな。セメダインスーパーXは,今回初めて使ってみましたが,乾燥後の透明感と弾力感はとてもいい感じでした。ただ,アクアシールに比べると,乾燥後も表面に若干のべたつき感が残ります。でも,値段がアクアシールに比べれば安いので,今回のように大量に使う場合は良さそうです。

これで浸水が直ってればいいんですが・・・
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-26 04:20 | FWFFあれこれ
2007年 09月 18日
3度目の解禁 ヤマメ編
今シーズンの渓流もこれで最後だろうと,今年は春に1回行ったきりの五木方面へ1泊で行ってきました。

簡単にこの2日間の行動を書くと,

日曜日の午前中はイワナを狙って5人で川に入りました。午後はヤマメを狙おうと雨の間隙をついて川に入りましたが,大雨により撤退。実釣1時間足らずでした。夜は,人吉のあるお宅で宴会。九州中から大勢のフライマンが集まってきていて,楽しい夜を過ごしました。月曜は,1人で下梶原川のC&R区間に入り,3時間弱でしたがヤマメと遊ぶことができました。

これで,3度目の解禁も終了です。でも,楽しい2日間を過ごすことができました。

以下,レポです。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-18 00:40 | FWFF釣行記
2007年 09月 15日
台風
台風が来てますね。
現在,沖縄では暴風圏みたいです。九州の西側が進路予定になってます。

明日の土曜日は野暮用が二つあって釣りにいけないのですが,日月とヤマメ狙いで渓流に出撃予定なんです。何とか,日曜日くらいは天気が持って欲しいなあ。


ところで,昨晩は5つも記事をアップしてしまいました。こんなの初めてです。
やっぱり,記憶が色あせないうちに,情報がホットなうちに書いておかないと,だんだん面倒くさくなってしまいますからね。今回は,特に今週末も出撃予定なのでその前に書いておかないと・・・と思って頑張っちゃいました。

でも,タイムスタンプを見ると,一つの記事を書くのに1時間前後かかってますね。しかも書き出す前に写真を用意するのに結構時間がかかってます(2時間近く?)。僕って筆が遅いのかも。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-15 03:03 | 日常あれこれ
2007年 09月 14日
ヒラのお味は?
d0016761_2552593.jpg
このヒラ,見れば見るほどサッパの化け物みたいでおもしろい口をしています。

血が出てしまったので,持ち帰って食べてみることにしました。

本当に平べったい魚体をしています。また,さばいてみると,骨が硬いし,腹側の鱗?も硬いし,おろしにくい魚でした。ネットで食べ方を調べると,刺身,酢の物,塩焼き,煮付けなど何でもOKで,まあまあおいしい魚だとあります。実際に,近所のスーパーで刺身で売られていたのを見たこともあります。

しかし,想像以上に小骨がすごくてとても刺身で食えるもんじゃありませんでした。骨切りっていうのはやったことがないので,適当に十字に骨切りしてみたんですが,全然足りなかったのかもしれません。

一方,細く切って,柚子酢と昆布につけて締めたものは,細く切ったおかげで骨切りとなったのか,はたまた酢の効果で骨が柔らかくなったのか,小骨が気にならずおいしく食べられました。

味自体は悪くはないけれど,骨は硬くておろしにくいし,小骨がすごいので,少なくとも刺身で食べようとは思いません。ちょっと工夫すれば,例えば皮付きで鱧のように骨切りして唐揚げにするとか,おいしく食べられるとは思います。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-14 03:14 | 酒と食い物
2007年 09月 14日
3度目の解禁 有明ターポン&カマス編
d0016761_293241.jpg

さてさて,残るテーマは有明ターポンことヒラ,あとカマス。

Salt FlyFisherにも出ていた,有明海独特(瀬戸内にもいるみたいだが)のヒラ。昨年,初めて挑戦した時には,ラッキーにも2匹釣ることができた。雑誌によると夏の終わり頃からということだが,今年はまだ早いみたい。カマスもまだ小さくて渋いということで,どちらも芳しい情報は入ってこないのだが,今行っておかないと次にいつ行けるか分からない。行けるうちに行っておこうということで,火曜の深夜から水曜の早朝にかけてヒラ&カマス狙いで天草に出かけた。

火曜の深夜,というか水曜の未明の干潮時刻は3時ごろ。新月の大潮なのはいい感じなのだが,昼の干潮のほうが潮が大きく引いて,夜中の干潮は若干潮位が高いのが気になるところ。潮が引かないと,ポイントにも入れない。計画では,2時前から遅くても4時までヒラを狙って,それからカマスのいる港に移動するという予定。

火曜は夕方に3時間ほどこってりと昼寝をし,夜にカマス用フライを7本ほど巻いて出発。しかし,深夜0時過ぎにポイントに到着してしまった。まだ潮が引いておらずポイントに入れない。ちょっと早く来すぎてしまった。

橋の上から海を覗き込んでいると,スズキらしき大きな魚が時折ドボンドボンとボイル。他にも,数匹の魚らしきものを確認。ヒラかもしれない。

他の港を偵察して時間をつぶし,ポイントに入れるくらいには潮が引いたので1時半から釣り開始。2時をまわると,どんどん潮が引いて,雑誌の記事のようにまるで川のように潮流が流れだした。

今日のタックルは,TFOのTiCr X #6ロッドに,ラインはRioインタミの#7。このロッド,SAGEのアクションに似ているそうだけど,確かに投げやすいです。キャスティングのへたくそな私でも気持ちよく投げられました。ストロークを短か目にして,ピュンッとラインスピードを上げるとよく飛ぶような感じがした。

この場所では,根がかりやバックのカキ殻のせいで,どうしてもフライをロストするのだが,今回は,エバ用に巻いたフライがそっくり残っているので,フライの心配はない。ちなみに,昨年は用意したフライがあっという間になくなり,lates-ffさんに泣きついてフライをもらった。そのいただいたフライで2匹釣れたのだった。

キャストは私にしては気持ちよく投げられているし,フライも結構いい感じだと思うし(ただ,ちょっとサイズが大きかったかも),攻め方も雑誌で予習してきたとおり+去年の経験からいっても悪くはないと思うのだが,いかんせん反応がない。股上までウエーディングして,3時半すぎまで2時間強まじめにやったが,とうとう反応がなかった。強いていえば,3時半前,もう移動しようかと思った時に,コツンと1回だけアタリらしきものがあったかな。

というわけで,釣り自体は気持ちよくできたが,魚の反応はなかった。時折,スズキらしきものがボイルしていたので,あわよくば・・・と思ったが,そんなこともなかった。まだ,ヒラは入っていなかったのかな。まだ,時期がちょっと早かったんだろう。うん,そういうことにしておこう。


あれ,じゃあ,冒頭の写真は?


5時前にカマス堤防に移動。

ゆっくりと準備をして,ほのかに明るくなってきたかな?という5時半にカマス狙い開始。

すると3投目。足元の堤防の際でなんか来た!

結構でかい。カマスじゃない。ジャンプ&テールウォークする。

d0016761_247256.jpg
上がってきたのはヒラでした。38cm。血がにじんでいるのは残念だけど,この虹色に輝くメタリックな魚体はきれい。しかし,さっきまでウエーディングしてまじめにヒラを狙っていたときは釣れなかったのに,カマス狙いであっさり釣れてしまうとは・・・ かなり複雑な心境です。

で,カマスのほうですが,こっちはさっぱり。

フライを替えても,タナを変えても,リトリーブを変えても,チェイスすら無し。情報によると,渋いとは聞いていたけど,いることはいるので,ちょっと(4,5匹?)は釣れるだろうとタカをくくっていたけど甘かったみたいです。

7時にあきらめ,別の港に移動したけど,こっちもさっぱりで30分で終了。
8時には帰路に着きました。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-14 03:02 | SWFF釣行記
2007年 09月 14日
3度目の解禁 イワナ編
もう眠いけど,がんばってイワナ編もアップします。
エバ編が予想以上に長くなってしまったので,イワナ編はなるべく簡単に済ますつもりですが・・・


さて,朝のエバ釣りを終えて渓流に移動。

この川のこの区間は,去年のGW以来さっぱりイワナは釣れないのに,渓相が良いので気に入っていて,つい足が向かってしまいます。この区間に入るときは,一昨年来いつもuraさんと一緒だったので,久々に独り。2人でも5時間はかかる長い区間。

車で入渓点に向かう途中,先行者の車が2台停まっていた。そのうちの一人,餌釣りのおじさんが歩いて帰ってきたので声をかけると,「結構釣れたよ」とニコニコ。魚籠をのぞかせてもらうと,尺イワナが1匹混じって,イワナばかり10匹以上入っている。うーむ,今日はいいかも!?

10時半ごろ釣り開始。

d0016761_1263282.jpg

12時までに17cmくらいのヤマメが3匹。でもイワナは出ない。とはいえ,今までの釣れない時に比べれば多少は反応があって,大場所の淵では小さいけどイワナが時々フライを見に来る。しかし,結局,フライに出すことはできなかった。

d0016761_125452.jpg
12時過ぎ,ようやくイワナ君。きれいに出ました。22cm。ここのアベサイズ。

d0016761_12603.jpg
嬉しかったので,もう一枚。フライはあわてて巻いた,アントパラシュート。

d0016761_1292437.jpg
イワナ君が1匹釣れてホッとしたので,渓でビール。天気はいいし,最高だね。


しかし,気分が良かったのはここまで。この後は,苦痛の沢登りを強いられた。

まず,靴が慣れない。今日は,例のSimmsのアクアステルスソールの靴を履いてきたのだが,一言でいうと軽登山靴から急に重登山靴に替えた感じ。足首からくるぶしまでがしっかりと固定されるのはいいのだが,逆にそれがかえって慣れない。それと,ソールが厚くて固いのも慣れない。そしてやっぱり重い。ソール自体はアクアステルスなので,乾いた岩では抜群のフリクションを発揮するし,スタッドが埋め込んであるのでヌルヌルの岩でも普通のアクアステルスよりは滑らない感じがする。しかし,このスタッドが足の置き方によってはかえって滑ったりしてやっぱり慣れない。全体的には悪くはないのだが,僕は軽い方がやっぱり好みかな。

次に,体力が落ちているのを感じた。この2日間の睡眠不足もあるとは思うけど,この1年ほどはサッカーもしてないし,釣りにも行ってないので,足の筋力が落ちているみたい。

そして,極めつけは魚の反応がなかったこと。12時以降の6時間の間,釣れたのはイワナ(22cm),ヤマメ(17cm)が1匹ずつ。数時間も魚の反応がないのは相当辛いものがある。特に後半はからっきしだった。

最後の最後,薄暗くなってきた頃に,久々にイワナが出てくれたが,ランディングネットを忘れたため,手には触ったもののきちんとキャッチできずにバラシてしまった。これが取れていれば,終わりよければなんとやらで,気もおさまったかもしれないが,,,かなりがっくりきた。


結局,この区間,一人だと7時間強かかってしまい,車に戻ったのは6時。いやあ,疲れました。

まあ,今から思えばイワナの顔を見ることができたのだから,よしとしておきましょう。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-14 01:59 | FWFF釣行記
2007年 09月 14日
3度目の解禁 エバ編
エバ(=メッキ)編の釣行レポです。

11時半に家を出て,予想通り3時間で現地着。まず,去年1回来たことがある堤防の場所を確認。次に,夕まずめの本命ポイントを確認しようと車を走らせたが,あっさり見落としてしまい,半島の先のほうの別の港を見てまわった。スロープがあったので,キャンディを引っ張って見たが反応無し。

戻ってきて,最初に確認した堤防でしばらくキャンディを投げてみた。やっぱり反応なし。ちなみに,ここでは,チヌ狙いでルアーのポッパーを投げている兄ちゃんがいて,しばらく見ていると小さい何か(もしかしたらエバだったのかも?)を釣った。

それから移動し,先ほど見過ごした本命ポイントを確認できた。高校生が数人いたので,このポイントは夕まずめに取っておくことにし,他の港に行ってみようと車を走らせ始めた。時間は4時。ここで,lates-ffさんに電話してみた。すると,「今から移動するより,本命ポイントで待っていた方がいいよ。」 「サワキチさんは家が近くだから,待っていればきっと現われるよ。」とのアドバイスをいただいた。

アドバイスにしたがって本命ポイントに戻ってみると,この5分くらいの間にサワキチさんが来ていた。ちなみにサワキチさんとは,今年の春の渓流で2度ほどお会いして話をしたことがある。サワキチさんも再会を喜んでくれた。こちらとしては,初めて(に近い)のエバ釣りで大変心強い味方であり,救世主のように思えた。

4時半釣り開始。

早々に,サワキチさんが1匹釣り上げた。時合はもっと後かと思ったら実はもう始まっていたみたい。のんびりしている場合ではなかった。

1投ごとに反応が有り,キャンディをチェイスしてフライの後ろでモコッとしたり,コツンコツンとあたったり,とにかくおもしろい。興奮した。でも,なかなかフッキングしない。

d0016761_0224617.jpg
ようやくフッキング。20cmちょいのロウニンアジ(だと思う)でした。無事に,TFOロッドに入魂することができました。

キャンディで2匹釣ったので,クラウザーミノーにするとガツン。今度はギンガメ(だと思う)でした。ここまで30分くらい。3匹釣ってちょっと余裕ができたのでポッパーに替えたが,反応はあるもののなかなかフッキングしない。そのうち,群れがどこか行ってしまったのか反応がなくなった。

堤防をうろうろしたが,1時間ほど反応がなく,6時を回ってようやく1匹。暗くなる直前に2匹を追加して終了。サイズは手のひら前後だったが合計6匹。
d0016761_0331089.jpg


7時半ごろまで,サワキチさんと海を見ながらおしゃべり。いろいろな話が聞けて楽しかったです。

今夜は,高千穂まで戻って車中泊しようかと考えていたが,疲れていたのと,早くビールが飲みたかったのと,それと何よりエバが楽しかったので,朝まずめも良いという言葉で心が決まり,ここで泊まって明日の朝まずめもエバを狙うことにした。サワキチさんに近くの温泉の場所を教えてもらい,握手をかわして別れた。

いやあ,温泉はよかったです。何の変哲もないお湯と造りだとは思うのですが,汗を流してすっきりしました。さらに,何といっても疲れが取れました。

人がいなくて,トイレと水道が近くにある,公園の駐車場のような場所を探してうろうろしたが,適当な場所が見つからず,結局エバポイントの目の前で寝ることにしました。9時過ぎにようやくビールにありつけました。しかし,夜の海でもいろんな釣りをやっている人がいて,おもしろかったです。延べ竿にアミでアジゴを狙っている人。電気浮きにゴカイでチヌを狙っている人。チヌの落とし込みをしている人。あるお兄さんは,チヌ狙いで,餌は貝?で多分おもりなしで,貝の重さだけで遠くへ投げてゆっくりゆっくり底を取りながら引いてくるみたい釣りをしていたり・・・

夜中の3時ごろ,車を叩く雨の音で目を覚まし,明日は雨か!?と思ったが,朝5時半に目が覚めてみると雨はやんでいた。6時ころから,間違ってチヌが釣れないかななんて思いながらポッパーを引いてみるが,昨日釣れた場所では反応がなかった。堤防の突端まで行ってポコポコするとポッパーを追ってきた!おー,いるじゃんと思って,リトリーブを止めたら,パコン!
d0016761_052258.jpg
ギンガメ(だと思う)でした。

しばらく反応があったが,結局この1匹のみで朝の部は終了。でも,昨日のキャンディ,クラウザーミノーに続いてポッパーと,あわてて巻いてきたフライ3種で釣ることができたので満足。

いやあ,エバ釣りおもしろかったです。サイズ・数ともにたいしたことはないのかもしれないけど,5ヶ月ぶりで魚の引きを味わうことができました。

d0016761_056082.jpg
#4ロッドにポッパーで通していたサワキチさん。実は月曜の朝の7時ごろにも出勤前に様子を見に来てくれました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-14 01:05 | SWFF釣行記
2007年 09月 13日
3度目の解禁 準備編
前回の記事でも書いたように,3度目の解禁を迎えました。
遅い夏休みを取り,先週末の土曜から水曜日の昼までお休みでした。
ちなみに,次の週末の日月で3度目の解禁も終了となります。

この間に行っておきたいテーマは,有明ターポン,カマス,イワナ,ヤマメといろいろあって,どれから行くか悩みました。

lates-ffさんこの記事と,keizouさんこの記事によると,今,宮崎でエバが入れ食いみたい! また,実はメッキを釣ったのって,去年の天草の1回きりなので(その時はポッパーでミニサイズを2,3匹),まともにメッキを釣ってみたい。今一番楽しめそうなのはエバ(=メッキ)だ!,ということで宮崎に行くことにしました。

しかし,宮崎といっても海岸線が南北に長く,lates-ffさんの記事は県北,keizouさんは県南です。latesさん,keizouさんに情報をうかがったところ,どちらも夕まずめが良いとのこと。どちらに行くか悩みました。県南(日南)は,行ったことないので行ってみたいけれど高速使っても4~5時間かかりそうです。一人ではちょっと辛い。対して県北は下道で3時間と近いです。というわけで,宮崎県北のエバに決定。latesさん,keizouさん,いろいろとありがとうございました。

フライボックスを見ると,使えそうなフライはメバル用に巻いた小さいキャンディが3本くらい。そこで,日曜日から釣りに行くことにして,土曜日はフライを巻くことにしました。しかし,土曜の昼間は家族サービスで終わってしまい,フライを巻きだしたのは結局土曜の夜11時。で,巻いたのは,

d0016761_23282553.jpg
やっぱりサーフ・キャンディ(笑)でも,Salt FlyFisherを見ながら巻いた正統派?です。ちなみに,頭の形が違う3つはヒラ(有明ターポン)用で,微妙に違います。それとポッパーも3つ。

d0016761_23291164.jpg
やっぱりSalt FlyFisherを見ながら,初めて巻いたクラウザー・ディープ・ミノー。

d0016761_23312461.jpg
ついでに,こんなのも。

朝の5時まで巻いてしまいました。

それから寝て,起きたのが日曜の朝9時。それから,海用タックル,渓流用タックル,着替え,クーラーボックスに氷,シュラフなどなど準備してたら,結局家を出られたのは,11時半でした。

まあ,いい時間帯は夕まずめだそうなので,それには十分間に合うので何とかなるでしょう。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-13 23:52 | SWFFあれこれ
2007年 09月 09日
3度目の解禁
義母が助っ人に来てくれたので,3度目の解禁を迎えました。この土日プラス月火(夏休み)と,さらに来週の3連休のうち日月と釣りにあてることができます。釣りは,実に4月28日以来となります。

現在(日曜日夜10時),宮崎県北の港でビールを飲みながら,車中泊中です。

金曜の晩に飲んでしまったので,土曜日はフライを巻いたり,ラインを巻いたりと準備に当てるつもりでしたが,結局家族サービスで終わりました。土曜の夜中に慌ててフライを巻き,結局家を出たのは,日曜の昼前になってしまいました。

夕方に,無事ニューロッドにエバ(メッキ)で入魂することができました。

明日の月曜日は朝まずめに再びエバをやっつけてから,渓流に向かう予定です。

では,お休みなさい。

PS 今日のエバは,手の平前後が6匹でした。
[PR]

# by trout_and_stream | 2007-09-09 22:44 | SWFFあれこれ