タグ:イワナ ( 15 ) タグの人気記事

2008年 04月 08日
まだちょっと早い?
d0016761_11522043.jpg

金曜日にuraさんから,「明日行くよ~!」とのメールが入った。土日のどっちかで釣りに行きたかった私は,uraさんをダシにして交渉成功! 土曜日に行ってきました。

標高の高いこの川の周囲の植生は落葉広葉樹が多く,ブナ帯の下部にあたるので,九州とはいえ,まだ木々は裸です。

続きを読む
[PR]

by trout_and_stream | 2008-04-08 12:13 | SWFF釣行記
2007年 09月 18日
3度目の解禁 ヤマメ編
今シーズンの渓流もこれで最後だろうと,今年は春に1回行ったきりの五木方面へ1泊で行ってきました。

簡単にこの2日間の行動を書くと,

日曜日の午前中はイワナを狙って5人で川に入りました。午後はヤマメを狙おうと雨の間隙をついて川に入りましたが,大雨により撤退。実釣1時間足らずでした。夜は,人吉のあるお宅で宴会。九州中から大勢のフライマンが集まってきていて,楽しい夜を過ごしました。月曜は,1人で下梶原川のC&R区間に入り,3時間弱でしたがヤマメと遊ぶことができました。

これで,3度目の解禁も終了です。でも,楽しい2日間を過ごすことができました。

以下,レポです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-09-18 00:40 | FWFF釣行記
2007年 09月 14日
3度目の解禁 イワナ編
もう眠いけど,がんばってイワナ編もアップします。
エバ編が予想以上に長くなってしまったので,イワナ編はなるべく簡単に済ますつもりですが・・・


さて,朝のエバ釣りを終えて渓流に移動。

この川のこの区間は,去年のGW以来さっぱりイワナは釣れないのに,渓相が良いので気に入っていて,つい足が向かってしまいます。この区間に入るときは,一昨年来いつもuraさんと一緒だったので,久々に独り。2人でも5時間はかかる長い区間。

車で入渓点に向かう途中,先行者の車が2台停まっていた。そのうちの一人,餌釣りのおじさんが歩いて帰ってきたので声をかけると,「結構釣れたよ」とニコニコ。魚籠をのぞかせてもらうと,尺イワナが1匹混じって,イワナばかり10匹以上入っている。うーむ,今日はいいかも!?

10時半ごろ釣り開始。

d0016761_1263282.jpg

12時までに17cmくらいのヤマメが3匹。でもイワナは出ない。とはいえ,今までの釣れない時に比べれば多少は反応があって,大場所の淵では小さいけどイワナが時々フライを見に来る。しかし,結局,フライに出すことはできなかった。

d0016761_125452.jpg
12時過ぎ,ようやくイワナ君。きれいに出ました。22cm。ここのアベサイズ。

d0016761_12603.jpg
嬉しかったので,もう一枚。フライはあわてて巻いた,アントパラシュート。

d0016761_1292437.jpg
イワナ君が1匹釣れてホッとしたので,渓でビール。天気はいいし,最高だね。


しかし,気分が良かったのはここまで。この後は,苦痛の沢登りを強いられた。

まず,靴が慣れない。今日は,例のSimmsのアクアステルスソールの靴を履いてきたのだが,一言でいうと軽登山靴から急に重登山靴に替えた感じ。足首からくるぶしまでがしっかりと固定されるのはいいのだが,逆にそれがかえって慣れない。それと,ソールが厚くて固いのも慣れない。そしてやっぱり重い。ソール自体はアクアステルスなので,乾いた岩では抜群のフリクションを発揮するし,スタッドが埋め込んであるのでヌルヌルの岩でも普通のアクアステルスよりは滑らない感じがする。しかし,このスタッドが足の置き方によってはかえって滑ったりしてやっぱり慣れない。全体的には悪くはないのだが,僕は軽い方がやっぱり好みかな。

次に,体力が落ちているのを感じた。この2日間の睡眠不足もあるとは思うけど,この1年ほどはサッカーもしてないし,釣りにも行ってないので,足の筋力が落ちているみたい。

そして,極めつけは魚の反応がなかったこと。12時以降の6時間の間,釣れたのはイワナ(22cm),ヤマメ(17cm)が1匹ずつ。数時間も魚の反応がないのは相当辛いものがある。特に後半はからっきしだった。

最後の最後,薄暗くなってきた頃に,久々にイワナが出てくれたが,ランディングネットを忘れたため,手には触ったもののきちんとキャッチできずにバラシてしまった。これが取れていれば,終わりよければなんとやらで,気もおさまったかもしれないが,,,かなりがっくりきた。


結局,この区間,一人だと7時間強かかってしまい,車に戻ったのは6時。いやあ,疲れました。

まあ,今から思えばイワナの顔を見ることができたのだから,よしとしておきましょう。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-09-14 01:59 | FWFF釣行記
2007年 05月 13日
二度目の解禁最終日 昼の部イワナ編
というわけで,夜の部のメバルは今シーズンをすっきりと閉めることはできなかったが,まあ朝まで頑張った満足感だけは残った。しかし,完徹状態でこれから昼の部のイワナに行かなければならない。

朝の5時過ぎに天草下島の港を出発。大矢野を過ぎた頃から,かなりやばくなってきた。宇土?の弁当のヒライまでは頑張ろうと,なんとかヒライに到着し朝飯を食った。頼んだのは,ジャンボごぼう天付き肉うどん。このゴボウ天がほんとにでかかった!いくらジャンボとはいえ,この3分の1くらいでちょうどいい感じ。油で胃がもたれたが,朝飯を食ったおかげで目が覚めた。

約束には30分遅れたが,8時半に何とか熊本着。イワナといえばこの人。そう,今日もuraさんと一緒。岩魚の川までの2時間は,数時間仮眠をとったuraさんに運転をお願いした。

d0016761_1235318.jpg
無事に現地着。山は落葉樹は芽吹き始めたところでスギやモミの緑とコントラストをなし,サクラがアクセントを添えている。何度も書くようだが,この川は先々週はいまひとつぱっとしなかったが,去年のGWにいい思いをしたのが忘れられず,二度目の解禁のラスト釣行に選んでしまったのだ。

さあ,どうだったんでしょう?
[PR]

by trout_and_stream | 2007-05-13 01:39 | FWFF釣行記
2007年 04月 16日
イワナは気まぐれ
d0016761_043681.jpg

土曜日の早朝,北九州からuraさんがやって来ました。

uraさんといえばイワナでしょう。ということで去年のGWにいい思いをした川に行ってきました。

まだ,朝早いので1時間ほどヤマメ狙いで行ってみましたが,二人とも20cmくらいのヤマメを1匹ずつ。目的の川に移動しました。なぜだか,今日は釣り人の車がありません。11時半に入渓。

大場所からは反応がなく,小場所を丹念に探るとたまに出てくるのは20cm以下のチビばかり。しかも数も出ない。6時半まで頑張りましたが終わってみれば計5匹。1匹だけ20cm越えましたが,といっても21cm。この日は,出てもはずし,かけてもばらしが多かったです。

uraさんも結果は5匹でしたが,大場所で粘ってしつこく流す作戦で,途中で24cm,最後の最後にも23cmをあげ,チビばかりの私にはちょっとうらやましかったです。

さて,uraさんは日曜日もOKということで,明日はどこ行くか? 車中泊するか??
ちょっと悩みましたが,急遽熊本で『飲む』という非常に魅力的な案が浮上し,家に帰ることにしました。さすがに車1台で大の大人が2人寝るのはちょっと厳しかったこともありますが。

というわけで,家に帰る途中で温泉につかり,水分を我慢して私の行きつけの居酒屋へ。

ビールがおいしかったこと。
話も盛り上がり,楽しい時間を過ごしました。

やっぱり二人とも飲みすぎ,また遡行の疲れもあり,日曜日は朝9時までぐっすり休みました。

d0016761_041624.jpg

これは土曜日の1匹目。19cm。




本日の日曜日。

朝起きるといい感じの曇り。昨日は夕方になってからちょっと状況が良くなったこともあり,結局,昨日と同じ川の別の区間に入ることにして昨日と同じ道を車を走らせた。

今日はそれなりに釣り人の車が停まっていて,予定した区間には先行者がいたため,昨日とまったく同じ区間に入ることになり1時20分に入渓。

入渓早々,私が落ち込みの肩から良型に走られたと思ったらuraさんが25cm弱を釣り上げた。
d0016761_050090.jpg

今日はいいかも!?

期待に胸がふくらみましたが,やっぱり昨日と状況は変わらなかった。

今日も6時半まで頑張り,最後の30分で3匹ずつ釣り,しかも最後の最後でやっと20cmを越えたの(23cm)が出たので溜飲を下げました。終わってみれば二人で仲良く6匹ずつでした。


去年のGWのいい印象が強くて期待が大きかっただけに,チビばかりとはいえ6匹も釣って贅沢だ!といわれてしまいそうですが,この2日間の結果はちょっと期待はずれでした。

もともと今年は数が少ないのか,餌釣りの仕掛けが引っかかっているのを見たのですでに抜かれてしまったのか,それともまだサビが残っている個体が多かったので若干季節が早いのか?

今年もGWに確かめに行きたいけど,GWは4/29に子供を迎えに行き実家めぐりの予定。というわけで二度目の解禁は4月限定なのです。残る週末は来週のみ。ラストチャンスは4/28です。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-16 00:42 | FWFF釣行記
2006年 10月 01日
沢登り,再び・・・
昨日の9月30日は,娘たちが生まれてちょうど3ヶ月・・・

じゃなくて,渓流の最終日でしたね。
みなさん,今シーズンのシメに渓流に行かれましたか?

私は,最終日に渓流行こうかな~と思っている矢先に,日曜日の早朝からのカマス釣りに誘われました。もちろん,umiosaruさんからです。

渓流に行くか? それともカマスに行くか?

実はほんのちょっと悩みましたが,あっさりカマスに決定!
だって,渓流はどこ行っても人が多そうなんだもん。


といいながら,実は4日前の水曜日のこと。

「最終日は渓流混んでるだろうなあ。明日会社さぼって,渓流行こうかなあ」

と思っている矢先,uraさんからメールが入る。

『明日の木曜日,会社を休んで熊本に行く予定です。こっそり行ったら怒られそうだから,一応連絡しました』

だって。同じこと考えていたみたい。

というわけで,木曜日にuraさんとGWにいい思いをしたのに,8月末にはさっぱりで1日沢登りをして終わったイワナの渓へ再度挑戦して来ました。

今日(日曜日)のカマスについてはまた後日。結果を早く知りたい方は,umiosaruさんのところでどうぞ。

返り討ちにあったレポを読む
[PR]

by trout_and_stream | 2006-10-01 22:05 | FWFF釣行記
2006年 09月 06日
久しぶりの渓流
こないだの日曜日に久しぶりに渓流に行ってきました。実に3ヶ月ぶりです。

uraさんGWにとってもいい思いをしたイワナの川へ行ってきました。

9時に入渓。するといきなり,
d0016761_228167.jpg
入渓点でuraさんイワナをゲット(大きくはないけど)。僕にも15cmに満たないかわいいヤマメが釣れました。

こりゃあ,幸先いいぞと思ったが,いっつもこの後が続かないんだよね…

More
[PR]

by trout_and_stream | 2006-09-06 03:20 | FWFF釣行記
2006年 05月 07日
新緑の渓
d0016761_9104254.jpg
電車でゴギ!でお世話になったuraさんと,5月3日に九州のイワナの川に行ってきました。
島根ではまだ葉っぱが展開していませんでしたが,九州では渓畔の樹木もすっかり葉を開いていました。青い空に新しい緑が映え,やわらかな春の陽射しの中,美しい渓流を釣り上がり,2人ともイワナを10匹以上と,最高に気分の良い一日を過ごすことができました。

4/30の島根からの帰り道『今度は九州のイワナの渓へ行こう』とuraさんと話していましたが,早々に実現し,朝6:30にuraさんが熊本にやってきました。GWなので人が多くても仕方がないと思っていましたが,意外に人が少なく,お目当ての区間に到着すると先行者なし,ゆっくりと準備をして9時に入渓しました。

気温もちょうどよくて気分は最高,しかし魚影は時折見かけるものの前半は苦労しました。ようやく1匹目が釣れたのが11時,1時の時点で3匹ほどでした。一方,uraさんは快調に良型まじりで6匹以上釣っています。彼は#14くらいの黒っぽいパラシュートを使っているみたい。僕は,いつものソラックスダン#15とか,エルクヘアカディスとか,#16のパラシュートとか小さなアントとか色々試しているのですが,どれも今ひとつ。その時,ヒラタカゲロウ系の大きなスピナーがたくさん飛んでいることに気がつきました。そこで,#13のクイルボディパラシュートに換えると,,,途端に反応が良くなりました。すれていないおおらかなイワナだからフライパターンなんて何でもいいかと思っていましたが,パターンひとつでここまで反応が違うとは思いませんでした。

d0016761_9462059.jpgというわけで,後半は調子が出てきました。やっと僕にも良型が。何回も流したプールにフライを浮かべてじっと待っていると,フライがフッと消えました。25cm。
d0016761_9485315.jpg柔らかな陽射し,綺麗な水,美しいイワナ。
う~ん,サイコー
d0016761_9512638.jpg夕方になり,最後にぼこっと出てくれた,本日最大。
27cm。

大満足。

実は最初の予定では,この区間は2時くらいには切り上げ,僕は一人で別の川でイブニングをする予定でした(別件でキャンプの約束があったため)。しかし,結局この川をあがったのは5時。実に9時間も遡行してしまいました。だって,小さなポイントからも反応があるし,ここぞという大きなポイントでは,粘るとあきらめた頃にボコッと出たりするもんだから,ついつい時間がかかりました。でも,いいんです。他の川へ行くより,この川で粘った方が絶対に楽しかったですから。

しかし,魚も出ただけでなく,気候的にも状況的にもこんなに気持ちのいい釣りは数年に1回あるかないかだろうな。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-05-07 09:12 | FWFF釣行記
2006年 05月 02日
電車でゴギ!
GWに突入しました! みなさん,釣りに行ってますか?

私は前々回が3/18,前回が4/8と3週間ずつ間が空いてしまいました。
新居の片付けもまだ終わっていませんが,さすがにもう限界です。
4/30に島根にゴギ釣りに行ってきました。
ゴギは未だ見たことがない魚であり,今年のテーマのひとつでもありました。

前の晩の8時半に熊本を出発し,特急で博多,博多から新幹線で小倉まで行きました。純粋に釣りのために電車に乗って出かけるのは初めてでした。ウエーダーからベストまで釣り道具一式をバッグに詰め込み,ロッドを持って電車に乗り,ビールなんか飲んだりして,釣りバカの浜ちゃん気分で楽しかったです。小倉には10時半に到着し,駅まで迎えに来てくれたU-MIさん改めuraさんと7ヶ月ぶりの再会。7ヶ月ぶりなのにぜんぜんご無沙汰な感じがしないのは,やはりインターネットのチカラでしょうか。

中国道を走り,現地に着いたのが夜中の2時。再びビールを飲み,談笑の後仮眠。6時前にごそごそ起き出し,準備して出発。30分ほど山道を歩き,入った川はかなり源流。まだ葉っぱが展開してない分ましですが,藪沢と言っていいでしょう。7ft半までのロッドしか持っていない僕は,uraさんに6.6ftのグラスロッドをお借りしました。ショートロッドにファールドリーダーの組み合わせはなかなか良かったです。ラインがほとんど出せない近距離でも,きっちりターンオーバーしてくれ,思ったところにフライを入れることができました。
d0016761_1814467.jpg
で,初めて現物を目にしたゴギがこれ。といっても,僕ではなくuraさんが釣った魚です。しばし眺める。感動。ほんとだ,頭の上まで虫食い模様が入っています。
d0016761_18161553.jpg
しばらくして,僕にも釣れてくれました。初ゴギちゃんです。なかなかかわいい顔をしています。

d0016761_18173228.jpg
6時間ほどかけて,魚留めの滝(だと思われる)まで遡行しました。途中から藪がすごくなり,魚の反応も少なくなりましたが,魚留めの滝まで遡行するのは,かなりの充実感がありました。ここまでサイズは小さいながらも(14~19cm),2人とも5匹ずつゴギの顔を見ることができました。でも僕はヤマメに慣れているせいか,体が勝手に反応してしまい,合わせが早かったようです。フライに出てくれたゴギはもうちょっといましたが,フッキングできませんでした。

ここから川通しで帰る途中,久々の源流行に足がヘロヘロになっていた僕は,思いっきり前のめりにコケ,しこたま左膝を打ってしまいました。未だに痛いです。そうそう,ティペットの5,6,7Xの連結したスプールを遡行中に落としてしまい,かなりブルーでしたが,帰り道に無事発見することができました。ヨカッタヨカッタ。

午後の部は(予定より遅くなってしまいましたが),久々にアマゴの顔を見に行くか,再度ゴギに挑戦するかかなり悩みましたが,僕がゴギを選択。だって,ゴギちゃんってかわいいんだもん。uraさんがガイドに徹してくれたこともあり,午後の部は3匹のゴギを見ることができ,終了。

初めてゴギの顔を見ることもできたし,今日は晴天,気候的にもちょうどよく,またロケーションも素晴らしくて,本当に気持ちの良い一日を過ごすことができました。uraさん,ありがとうございました。

昨年はヤマトイワナ,今年はゴギを釣ったので,来年はキリクチか???
[PR]

by trout_and_stream | 2006-05-02 18:20 | FWFF釣行記
2005年 09月 18日
台風後初めての釣行
d0016761_21233286.jpg
九州各地に被害をもたらした台風14号が通過して,2週間近くたちました。そろそろ川も落ち着いただろうと,昨日渓へ出かけました。未だに道路が通行止めのところもありますが,ここは,比較的被害が少なく,道も大丈夫なことを確認してあります。
今日も九州イワナを釣りたいという方とご一緒しました。前回,私の案内でイワナの顔を見ることが出来なかったので,最後まで責任を取らないと。

1時に入渓し,最初のポイントの1投目でいきなりその方が九州イワナとのご対面を果たせました。今日は活性が高くていけるかも,と思いましたがそう甘くはありませんでした。途中餌釣りの兄ちゃんが朝一から先行していたことが発覚し,しかも川通しでじゃぶじゃぶ帰ってきやがった!こともあり,反応がほとんどありませんでした。
結局,僕も連れの方もイワナが2匹,ヤマメが1匹(20~23cm)といまひとつな結果に終わりました。でも,彼が念願の九州イワナに出会えることができたので,よしとしましょう。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-09-18 21:50 | FWFF釣行記