タグ:メバル ( 15 ) タグの人気記事

2007年 05月 12日
二度目の解禁最終日 夜の部メバル編
GW明け早々に出張があったり,風邪でダウンしたりで遅くなりましたが,改めて「二度目の解禁最終日 夜の部メバル編」をアップします。



というわけで,27日の夜10時前に天草に向けて出発。
今日は中潮で満潮時刻は朝の5:49。今晩のメバルは,午前1時から満潮前の5時までの予定。

天草の一番先端にある港町,牛深に到着。まずは、ハイヤ大橋をパチリ。街には屋台やのぼりなどがたっており,今日は牛深のお祭りである「ハイヤ祭」をやっていたみたい。
d0016761_2345072.jpg
午前1時に前回良かった港に行ってみる。年配のご夫婦がイカ狙いでアジの泳がせをやっていた。潮位はまだまだ低くまったく反応はない。まあ,満潮までにはまだ時間がある。良くなるのは3時過ぎだろうな。

ということで,3時ごろまで牛深近辺のあちこちの港をまわり,メバルを探す。時間つぶしに,エギも投げてみる。しかしイカはおろか,メバルもまったく姿が見えない。エギを投げてる兄ちゃん&おじさんも結構いたが,誰も釣れている様子がなかった。

3時をまわったので,元の港に戻った。潮位もあがり,潮も前回と同じように流れていい感じなのだが,アタリすらなかった。う~む。まだ時間が早いのか,それともどこかに行っちゃったのかな?

3時半過ぎ,いつもの港に移動。

なんとメバルのライズがあるではないか! 沖の方でバチャン。射程圏内でもピチャン。

しかし釣れないんだなあ,これが。sinさんからいただいたフライ達,「フローティングエビちゃん」とか「イカしてるイカちゃん」まで投入するが反応してくれない。

しかたがないので,いつものようにメバルキャンディを波止沿いにリトリーブすると,ググン!とアタリ。結構いい引き。しかし,ちょっと引きの感じが違う。最後には底の方にぐんぐんと潜り,#4ロッドを満月に曲げて何とか堤防にぶりあげた。いいサイズのメバルかと期待してライトを当ててみると,上がったきたのはカサゴちゃん。22cmありました。
d0016761_23451221.jpg
明日出発するので今日は全部リリースするつもりでいたけど,久々の刺身が取れるサイズのカサゴ。迷った挙句結局キープした。

この後,至近のライズ直撃で着水直後にヒット。チビメバルだったけど,やっとメバルのライズが取れた。でも,交通事故的なんだよなあ。メバルのライズは難しい。フライパターンなのか,タナなのか,それともタイミングなのか? メバルのライズは来年の宿題となりそうです。

結局,上記のカサゴ1,チビメバル3で予定通り朝の5時に終了。すでに明るくなってます。

翌日,というか今日はイワナ。普通に帰れば約束の8時には間に合うけど,さすがに眠くなってきた。無事に集合場所にたどり着けるだろうか?
[PR]

by trout_and_stream | 2007-05-12 23:57 | SWFF釣行記
2007年 04月 23日
イカとメバル
d0016761_0534215.jpg


金曜の晩は飲みすぎ記憶を失いましたが,土曜の朝気が付いたらちゃんと布団で寝てました。
まだ,酔っ払った状態で朝8時半からの団地の草刈りをすまし,昼寝をしてから,午後2時過ぎ,ゆっくりと天草に向かいました。

今日の満潮は夜の11時半ですが,まだ明るい時間にメバル探索をかねて久々にイカの刺身を調達しようという魂胆。どこに行こうかずいぶん迷いましたが,2年前イカで天草に通っていた時に,印象の良かった港に5時半前に到着。ここは数は出ないけど,最後に何とか1杯という時に期待を裏切らなかった記憶がある。

果たして,今回も1投目か2投目でした。イカが追ってきた姿が見えたわけではないけど,何となく水面近くでステイさせたエギにイカが抱きつきました。サイズは200g台といったところだけど,食べごろサイズ。ヨシヨシ,これで久々にアオリイカの刺身が食える。

最初にイカが釣れちゃったもんだから,ついついこの港で長居をしてしまい,メバル探索をする時間がなくなり日が暮れる直前にいつもの港へ。一週間前,umiosaruさんが夕まずめにチビメバルを連発し,大きいのも見えたという話でしたが,今日はまったく反応なしでした。

8時過ぎ,夕飯を食うため牛深へ。せっかく牛深まで来たのだから,イカでも釣ろうと2年前に良かったポイントへ行ったが,すごい向かい風でした。3投くらいエギを投げたがすぐにあきらめ,目玉親父を護岸際にリトリーブしてると,
d0016761_192795.jpg

こんな変な魚が釣れました。サイズは15cmちょっとくらい。何でしょう,これは?

風裏に移動。そこにはすでにエギの兄ちゃんがいたため,イカ釣りは本職にまかせてメバルはいないかなとフライロッドを持つ。これが大当たり!一投目から20cmが来ました。続いて3回連続でアタリがありました。腰を据えてじっくりと狙うと,ここで7匹も釣れちゃいました。サイズは20cmが3匹で,あとは15~17といったところでしたが,#4ロッドだったこともあり楽しめました。
狙いはいつもの通り,堤防の際。フライはいつもの4cmくらいのキャンディパターン。
d0016761_1275799.jpg
d0016761_128549.jpg
背中はきれいなエメラルドグリーン。ゆえにブルーバック

満潮の時刻が近づいてきたので,本命のいつもの港へ移動。

すると,あちこちでぱしゃぱしゃとライズしています。メバルのまともなライズを初めて見ました。
しかし,何とか届くライズポイントにいろいろなフライを投げてみますが,まったく反応してくれません。うーん,わからない。神戸から来たsinさんは,多分この状況でフローティングエビちゃんフライで釣ったんだと思うんだけど・・・ この晩はフローティングエビちゃんにも振り向いてもらえませんでした。メバルのライズは難しい。

結局,いつものフライで堤防際をリトリーブしてチビを3匹釣ったが,さっきがよかっただけに何だかぱっとしない。時間も深夜1時をまわり,故あってこの時間になってしまった熊本3人組+1名が登場。故あったとはいえ,まさかこんな時間から現われるとは思わなかった。しかも3人そろって・・・

さらにサイズは小さくなり10~15cmを3匹ほど釣ったところで,満潮前に良かった港へ一人で移動した。しかし,柳の下に2匹目のドジョウはいませんでした。

さらに隣の港に移動して,1投目でチビカサゴが釣れた。
d0016761_1392691.jpg
15cmくらいだけど,味噌汁用にありがたくキープさせていただいた。

メバルの反応はないが,イカの気配はあるのでエギを投げると,1年使ってなかったPEラインが団子になってガイドにひっかかりエギだけが吹っ飛んでいった。時間はすでに午前5時。雨がぱらついてきたこともあって終了。

熊本3人組+1名は朝まずめに賭けて1時間移動して別の港に行ったけど,ダメだったみたい。

帰り道,よせばいいのに,2週間前1匹だけつれたポイントが気になりちょっと遠回りして寄ってみた。時刻は6時をまわりすでにすっかり明るい。餌氏が2人いたので邪魔にならないように,フライを投げると岸際の藻の中からメバルが飛び出した。サイズはやっぱり小さく15cm以下だったが,ここにもブルーバックがいることが確認できた。ここで3匹。
d0016761_1454312.jpg


家に帰る途中,あと1時間というところでとうとう力尽き,車の中で2時間ほど爆睡してしまいました。アウトバック(車)の後部座席を倒せば,荷室にかけて足を伸ばして普通に平らに寝られることがわかったのも収穫でした。結局,家に着いたのは午前11時過ぎ。車で寝ている間に大雨となったので,今日は渓流はやめときます。


すでに4月も後半。アオリイカにしてもメバルにしても主な釣りの季節は冬となっていて,この時期は数は少ないけど,釣れたらでかいと聞いていました。まあ,イカはついでだし,1匹でも釣れたからよかったです。しかし,メバルは数は出たけどサイズは小さかったです。大きいのは,どっか行っちゃったのかな?

おそらく,しばらく海はお休み。次はカマスの時期になりそうです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-23 01:52 | SWFF釣行記
2007年 04月 07日
ブルーバック
d0016761_471310.jpg


明日は,っていうかもう今日ですけど,ヤマメに行くつもりです。
しかし,4月中にメバルにももう一回行っておきたい。

『さすがに,夜メバル行って,帰ってきて朝ヤマメに行くのはきついよなー,どうしようかなー。
 まあやめといたほうがいいよな・・・』

と思ってました。でも,一応umiosaruさんとbowさんに電話。

『今晩,もしメバル行くって言ったらどうします?』

umiosaruさんはNG。ギッチョさんもダメらしいということが判明。しかし,ギル釣りから帰ってきたばかりのbowさんは,

「明日仕事があるけん,近場をまわって,早めに帰って来るっていうことならよかですよ」

とのお返事。僕としても,明日のヤマメのためにも早く帰ってこれたほうがありがたい。

というわけで,いつもの遠い(3時間強)漁港ではなく,もうちょっと近い(といっても2時間はかかりますが)漁港をいくつかbowさんとまわってきました。

前半は結構な雨が降っており,メバルの反応もまったくなしで,やる気もなえかけてました。
風はなく,海もべた凪で,メバルのライズも見あたりません。

雨も上がってきた頃,ある漁港で明確なアタリ!
d0016761_4153652.jpg

あがってきたのはカサゴ。15cm強。同じポイントでチビカサゴ(15cm以下)を2匹追加して,さらに移動。

何個目かのポイントに移って,2投目でした。なんか来た!

本命のブルーバック(sinさん命名?),回遊性の青メバルでした。(冒頭の写真)
#4ロッドが結構曲がりましたが,引き味は思ったほどでもありませんでした。
交通事故的でしたが,なんとか本命が釣れてよかったです。

その後,別の場所で14cmのメバルを追加して,本日終了。

結局というか,やっぱりというか,結局帰ってきたのは明け方の3時半。

目が覚め次第,ヤマメに行くつもりです。では,おやすみなさい。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-07 04:23 | SWFF釣行記
2007年 02月 15日
メバルタックル
d0016761_0231568.jpg
いやあ,最近あちこちのブログでメバルが盛り上がってきてますね。

そこで,私が使っているメバルタックルとシステムを紹介しようと思います。
あくまで,私はこんなん使ってます,というものですのでちょっとでも参考になれば。
逆に,みなさんから「私はこうですよ」なんていうのを教えていただければ幸いです。

メバルタックルの紹介を読む
[PR]

by trout_and_stream | 2007-02-15 01:29 | SWFFあれこれ
2007年 02月 13日
メバルは遠いんです
d0016761_2320213.jpg
メバルちゃんは,海フライの「お手軽」なターゲットとして人気ですが,みなさんメバル釣り場までどれくらいですか?

歩いて5分? 自転車で15分? 車で1時間?

いいですねえ,近くて。

umiosaruさん
をはじめとする熊本の一部の毛鉤釣人は,メバルをもとめて週末ごとに天草の港を徘徊しているわけですが,

お手軽なんてとんでもない!

メバル釣り場は遠いんです。しかも夜討ち朝駆けはあたりまえ。さらに,そうそう釣れるもんでもないんです。

ちょっと九州の地図を広げてみてください。熊本市は見つかりましたか?たしかに海は近いんですが,そこは干満の差が激しく干潟で有名な有明海。釣りができそうな漁港もほとんどありません。熊本市から南西に宇土半島があってその先端に三角みかんで有名な三角があります。そこから天草五橋(他)によって,天草の島々がつながれています。大きな島が熊本市に近い方から,大矢野島,(天草)上島,下島とありますね。下島の南の先端に牛深という港町があります。ここまで熊本市内からだと車で3時間はかかります。

大矢野でもメバルは釣れますが,小さいんです(たぶん)。ほら,そこは釣り人の悲しい性。より遠くへ行けば,そこにはパラダイスが待っているような錯覚に陥るでしょう。渓流だって同じです。遠征する時は,尺ヤマメがバコバコライズしてたりなんかしてウハウハだぁ~,なんて思って出かけませんか? (実は,落胆した帰り道の途中で寄った,勝手知ったる地元の川のイブニングの方が良かった,なんて経験もあったりするんですが)

というわけで,昨日の夜,気合を入れてumiosaruさんとメバル釣りに出撃してまいりました。
片道3時間,往復300kmの道のりです。

ここから,メバル釣りの話に入ります。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-02-13 00:25 | SWFF釣行記
2007年 01月 21日
マッチ・ザ・ベイト?
今日は,新月の大潮。たくさんの釣り人たちが今頃各地の港を徘徊していることでしょう。
当然,熊本の3人(umiosaruさん,ヒゴギッチョさん,bowさん)も出撃しています。
私は,悲しいかな,しばらく釣りはお休み?しなければいけません。

ところで,先週釣ったメバルのお腹からはこんな大きなエビが出てきたそうです。
d0016761_1191058.jpg
umiosaruさんのブログから無断で写真を拝借しちゃいます。実は,自分で食べた魚のお腹からは何もでてこなかったもので・・・ 卵はたくさん入ってましたけど。
この白い皿がストマックポンプとセットの皿だったとすると,一番大きいエビで6cmくらいあるでしょうか? 小さいのでも4cmくらいあるでしょうか。

釣れたフライはこれ。
d0016761_1334086.jpg
正月にいい釣りをしたbowさん情報では,4cmくらいのキビナゴを食っていたということだったので,先週の出撃前日にあわてて巻いた,すべて人工素材を使った4cmくらいのキラキラ系キャンディ風パターン(大きい方)。実はエポキシで固めたのは(つまりキャンディを巻いたのは)初めてですので,形の悪さはご愛嬌。さらに,えらく白く濁っているのは,10年位前に買ったエポキシを使ったせいです。

とにかく,先週は写真にある大きな方のパターンで釣れました。メバル狙いにしては大きなパターンです。これが,エビとマッチしていたのでしょうか? 長さはあっていそうですが・・・


ところで,このフライの写真はスキャナーで撮りました
近頃,ごく一部(こことかここ)では流行?しているようで,せっかくスキャナー付きのプリンタ(複合機というやつですな)を買ったので試してみました。平べったいフライなら,細部まできれいに描写できるようですが,まだまだ研究の余地はありそうです。ちなみに,スキャナーのふたは開けっ放しで,画像ソフトで若干いじってあります。


あ~,今頃熊本組は楽しんでいるんだろうな。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-01-21 01:56 | SWFFあれこれ
2007年 01月 16日
今季初メバルレポ
というわけで,おとといの土曜の晩のレポです。

出かけるまでが大変でした。
ご存知の通りうちには6ヶ月になる双子の娘がいるので,そうそう釣りには行けません。
でも,1月6日の記事でも書いたように,メバル釣りに行きたくて行きたくてたまりません。

子供が寝ている間に行って帰ってこられる潮のタイミングを,密かにかつ虎視眈々と狙っておりました。それが,先週末だったのです。金曜の晩は満潮が土曜の午前3時。そして土曜の晩は満潮が日曜の午前5時。

いつもは12時くらいに寝る子供が,金曜の晩は11時に寝ました。おっ,今から出れば満潮に間に合うじゃん,

『釣り行っていい?』

「ダメ! 晩御飯の時にビール飲んだでしょ」

たしかに,7時くらいに350mlを一本飲んでました。それを理由にされちゃ従わざるを得ません。
その実,嫁にとってビールは格好の理由で,ほんとは釣りに行くこと自体が許せないという気持ちだというのは,わかってはいるのですが,,,

『じゃあ,明日は行くからね』

と宣言した。

金曜の晩はメバル用にストリーマーを巻き巻きした。
土曜日は,みんなが寝ている午前中に昨日のストリーマーにエポキシを塗って,キャンディーパターンを作成。実は,キャンディを作ったのは初めて。

そして土曜の日中は一生懸命に家事をこなし,夜11時には子供達を寝かしつけ,嫁はかなり不機嫌ながらも意外に大きな抵抗をされずに,11時半に家を出ることができた。出際に嫁の一言。

「チェーンかけとくからね。帰ってきても,家に入れませんから。離婚よリコン!」

リコンの危機よりもメバル釣りを優先して家を飛び出した,不良夫のGakuです。

前置きが長くなりましたが,続きのレポを読む。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-01-16 02:15 | SWFF釣行記
2007年 01月 15日
今季,初メバル!
d0016761_0281128.jpg

昨晩,何とか家を抜け出し,メバル釣りに行ってきました。

詳しいレポは明日にでも書きます。

満潮は午前5時だったのですが,前半はダメでした。潮が下げだした明け方になって,
25cm前後が2匹,20cm前後が2匹,チビが1匹と計5匹釣れました。
(写真の魚は手酌手尺だけど26cmあったと思うのですが・・・?)

大きいのが2匹も釣れて,満足です。

これで,またしばらく冬眠できそうです(ホントか?)



訂 正

ちなみに,今,夜中の2時ですが刺身で一杯やってます。
今日明日はとてもメバルを処理して食べる暇がないことがわかり,キープした4匹のうち3匹はumiosaruさんに引き取っていただきました。
1匹は自分で食べようと,一番大きい奴は,こんな夜中に刺身にしました。

それで,発覚したのですが,

一番大きいのを刺身にしようと袋から取り出したところ,

あれっ? 26cmなんてないぞ!?

物差しを持ってきて測ってみました。
死後硬直していて曲がっているので,一生懸命引っ張って測ってみました。あれ?
しまいには,3枚におろした後,頭と骨と尻尾だけの状態で測ってもみましたが,やっぱり25cmありません。どころか,これは24cmです。いつの間にか2cmも縮んじゃいました(涙)

というわけで,熊本のごく一部では『26と25cmを釣った!』という情報が早くもかけめぐったようですが(汗),公式記録を24cmと23cmと,ここに謹んで訂正させていただきます。

港では大きく見えたんだけどなあ・・・
[PR]

by trout_and_stream | 2007-01-15 00:36 | SWFF釣行記
2006年 05月 28日
え~と
今,朝の8時半すぎです。昨日の土曜日の昼に釣りに行くため家を出たのですが,帰ってきたのが今朝の7時でした。シャワー浴びて,今ビール飲んでます。

いろいろと書きたいことがあるのですが,とりあえずこれから寝ます。
いちおう簡単にいっておくと,サーフにメッキ狙いで行ったのですが外し。
その後,メバル釣りに行って,あきらめた頃に突然釣れ,やっと20cm越えるメバルの引きを味わえました。

実は,先週の日曜日も宮崎にチヌ釣りに行ってたりするのですが,さぼってupしてませんでした。
チヌも残念ながらハズレだったんですけど...

できれば,先週のネタを先に書いてから今日の話に行きたいのですが今日中に書けるかなあ?

では,おやすみなさい。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-05-28 08:48 | SWFF釣行記
2006年 03月 04日
祝!渓流解禁!!
いよいよ渓流が解禁しました。みなさん,渓流に出かけましたか?私は今日が解禁でした。
d0016761_2253370.jpg
d0016761_22531188.jpg
d0016761_22532725.jpg
d0016761_22533728.jpg

これ,全部今日釣ったものです。 あれ? 渓流行ったんじゃないの??

実はいつもの熊本3人組で,某マイナー里川へライズ狙いの釣りに出かけました。でもちょっとその前に,朝一は地磯に寄ってメバル釣り。下りの中潮で朝5時半の干潮に合わせて現地着。さすがにまだ暗かったです。6時すぎから2時間ほどやりました。さすが有明海,今日は干満の差が3mくらいあり,潮が満ちだしたらどんどん水位が上がっていきました。メバルは小さくて14cm以下が4つ。上から2つ目の写真なんて10cm!でした。

それから里川へ移動。海と川のダブルヘッダーです。こんなことできるのも熊本ならではかもしれません。昼間は,各種カゲロウやトビケラのハッチはかなりあったものの,ヤマメのライズはとうとう発見できませんでした。(3人のうち一人は1匹釣りました)。実は外道でオイカワを釣ったのですが,写真を撮らずに即リリース。写真を撮っときゃよかった。教訓:信じて待つ

自宅近くまで帰ってきたら日暮れまであと30分ある。umiosaruさんと二人で,おなぐさみに鯉でも,って話になりました。ところが大渋滞。日暮れは迫ってます。渋滞回避のため裏道をつないで,急遽近所の川へ。ぎりぎり間に合いました。鯉ポイントを知りつくした自称チャミングマスターのumiosaruさんにポップコーンを撒いてもらうと,暗くてコイの姿は見えないものの水面のあちこちでポワーンと波紋が広がります。しかも浅いため,コイが上流に移動してくる波が確認できる。大型のエッグフライをドライシェイクでパフパフにして,移動してくる鯉のちょっと上流にダウンクロスで流し込む。おお,波が近寄ってきてフライ近くの水面が盛り上がった!しかしフライはそのまま。自称鯉の教育係のumiosaruさんによって,よく教育されているようでなかなかシビアです。
あたりがすっかり暗くなった頃,ようやくヒット!何か鯉にしては引かないなあと思ったら,釣れてきたのは鯰(54cm)でした。初めてナマズを釣りました。そろそろ終わりにしようかというところで,とうとうコイがヒット!めっちゃ引きます。寄って来たと思ったらいきなり20mくらい下流に走る走る。久々にリールの逆転音を聞きました。しかもグングングンと首まで振ってくれます。めちゃくちゃ楽し~。ファイトしながら笑いが止まりませんでした。ようやく岸にずり上がると,でっぷりと太ったコイ,60cm。尾びれもすごくでかかったです。

いや~,鯉に慰められました。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-04 23:10 | FWFF釣行記