タグ:花 ( 30 ) タグの人気記事

2007年 08月 16日
タカサゴユリ
d0016761_3385097.jpg

タカサゴユリ Lilium formosanum ユリ科
2007/8/13撮影 熊本市


うちに割り当てられた2×2mの猫の額ほどの花壇にユリが生えていたので抜かずにほっておくと,草丈2mほどになり,こんなに立派な白い花を咲かせました。

図鑑を見て「テッポウユリ」かと思いネットで検索してみると,「タカサゴユリ」だということが判明しました。テッポウユリは日本の南西諸島および九州南部が原産ですが,タカサゴユリは台湾からの帰化植物だそうです。ちなみに,両種をかけあわせた「シンテッポウユリ」なる園芸品種もあるようです。(ここここに詳しい) 

タカサゴユリは日本各地に広がっているようで,確かに時々見かけます。また,ネットでタカサゴユリの写真をいろいろ見てみましたが,この写真のように放射状にたくさん花をつけているのは見たことがないです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-08-16 04:01 |
2007年 06月 16日
センダン

センダン2

センダン Melia azedarach センダン科センダン属
落葉高木 2007/5/18撮影 熊本市



連日の花ネタの更新です。
ユキノシタ,テイカカズラ,スイカズラに続き,このセンダンも1ヶ月前の5/18に撮ったものです。

このセンダン,九州に来てからよく見かけるようになった。5~6月に九州道を走っていると,あちらこちらで花を咲かせているのを見ることができる。でも,関東では見たことないと思う。関西では見たことあるかもしれないけど覚えてない。

生長が早く材の色がケヤキに似ているので,広葉樹の造林樹種として期待されているが,枝分かれしやすい性質を持つらしく,ある程度の高さまで幹をまっすぐ育てるためには「芽かき」という作業が必要になるようだ。

センダン1

センダン3

実は,この花の写真は,風で地面に落ちていたものを拾って撮影しました。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-06-16 00:18 |
2007年 06月 15日
スイカズラ

スイカズラ3

スイカズラ1

スイカズラ Lonicera japonica スイカズラ科スイカズラ属
2007/5/18撮影 熊本市


テイカカズラを撮り終え,ふと後ろを振り向くと別のつる植物が花を咲かせていた。
どこかで見たことがあるような気はしたが,実はぜんぜん名前の見当がつかなかった。

図鑑で調べてみると,なんとスイカズラ。というのは,スイカズラ科の木はいろいろあるけれど(タニウツギ属とかガマズミ属とか),この「The スイカズラ」はちゃんと知らなかった。

図鑑によると,このスイカズラは「普通に見られる木質のつる植物」で,「細長い花筒の基部に蜜がたまり,吸うと甘いのでスイカズラの名がついた。」そうです。花の形が独特ですね。また,白い花と黄色い花が同時に咲いていますが,白い花がだんだん黄色くなるそうです。そのため,金銀花とも呼ばれるようです。葉の形も変異が大きいそうで,花が咲いていないと同定するとき悩みそうです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-06-15 00:28 |
2007年 06月 12日
テイカカズラ

テイカカズラ4

テイカカズラ Trachelospermum asiaticum  キョウチクトウ科 テイカカズラ属
2007/5/18撮影 熊本市



結構普通にあるのだが,普段はほとんど目立たない木本性の常緑のつる植物。花が咲くと,甘い香りがただよい,「あ,こんなところにあったんだ」と気づくことになる。樹木や石垣などによくからみついている。なんでも,名前は藤原定家に由来するらしい。

テイカカズラ1



テイカカズラ2


ここまでテイカカズラで通してきたが,実はケテイカカズラT. jasminoides var. pubescens かもしれない。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-06-12 23:57 |
2007年 06月 11日
ユキノシタ
d0016761_1025889.jpg

ユキノシタ Saxifraga stolonifera ユキノシタ科ユキノシタ属
2007/5/18撮影 熊本市


ユキノシタ3

5月の中旬のことですが,近くを散歩していると(実際はそんな優雅なものじゃありませんが),とある家の庭先にユキノシタがたくさん咲いているのを見つけました。
ちなみに,この葉っぱは天ぷらにするとちょっとヌルッとしておもしろいです。

ユキノシタ1

この時はマクロレンズを持っていなかったので,DA70mmだとアップはこれが限界。

翌日,マクロレンズを持って再び出かけました。それがトップと下の写真です。
しかし,この日は結構風が吹いていて被写体が揺れて困りました。加えて,一生懸命静止しているつもりなのですが微妙に身体も揺れてなかなかピントがあわなくて大変でした。マクロ撮影ってピントがシビアです。気合を入れて撮る時は三脚が必要だなと思いました。

ユキノシタ5


[PR]

by trout_and_stream | 2007-06-11 02:04 |
2007年 04月 25日
ドウダンツツジ
調子に乗って,花ネタ というより素人カメラネタ? の更新です。

ドウダンツツジ Enkianthus perulatus ツツジ科ドウダンツツジ属
2007/4/20撮影 熊本市

d0016761_1145076.jpg
           K100D+TAMRON 90mm MACRO, ISO200,F8,1/400秒,絞り優先

d0016761_115842.jpg
           K100D+TAMRON 90mm MACRO, ISO200,F22,1/50秒,絞り優先

手持ちですがほとんど同じアングルで,絞りだけ変えて撮ってみました。上の写真がF8,下の写真はF22です。上の写真は手前の花だけにピントがあっていますが,下の写真は後ろの花までピントがあっています。絞りによる被写界深度の違いが実感できました。

花の写真として見ると,上の写真は手前の花が浮き出して見えるのに対して,下の方はちょっとうるさく感じます。花を撮る場合,あまり絞らず背景をぼかしたほうが見た目の印象がいいと思いました。

ところで,せっかくのマクロレンズだったので,花のアップの写真も撮ればよかったです。


ちなみに,こちらは2年近く前にコンデジで撮ったベニサラサドウダンです。
d0016761_1152968.jpg

ベニサラサドウダン E. campanulatus var. rubicundes
2005/6/5 木曽赤沢
KONICA MINOLTA DiMAGE X50


[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-25 01:56 |
2007年 04月 19日
シラン
d0016761_19555070.jpg

久々に花ネタです。

  『この花,なんていうか知ってる?』

  「いや,知らないです。」

  『何だ,知らんのかあ』

  「何ていうんですか?」

  『知らん』

  「えっ??」

  『いや,だから,シランだよ紫蘭!』

なーんて,親父ギャグによく使いました。

d0016761_2023047.jpg

d0016761_2075868.jpg

シラン Bletilla striata  ラン科シラン属  2007/4/19撮影



一眼レフデジカメを持ち出し,レンズを換えて遊んでみました。カメラはPENTAXのK100D。
レンズは,一番上の写真がsmc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited,真ん中がsmc PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited,一番下がSIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO (撮影時の焦点距離は70mm)です。ちなみにシグマのだけが自分のレンズで,あとの2つは借り物です。

背景のボケ具合とか,描写力とか,レンズによる違いを試してみたかったんですが・・・
もうちょっといろいろ撮ってみないと,よくわからないです。
[PR]

by trout_and_stream | 2007-04-19 20:19 |
2006年 03月 02日
椎茸
d0016761_1983510.jpg
先日,山で天然の椎茸を見つけました。多分,十中八九シイタケだと思います。
ちなみに,出ていた木はバリバリノキです。

写真に写っているのはほんの一部で,晩御飯の味噌汁にでもしようと大きい奴だけ採ったのですが,後で分けてもらうのを忘れてしまいました。残念。


翌年追記:
次の年も同じ木に出ていました。
持ち帰って調べたところ,シイタケではありませんでした!

ヌメリツバタケ

食べられます。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-03-02 19:16 |
2006年 02月 27日
春到来
d0016761_1155299.jpg

2006/2/26撮影 熊本市

久々の花ネタです。先週の半ば梅が咲き出しました。いよいよ渓流も解禁ですね。
[PR]

by trout_and_stream | 2006-02-27 11:59 |
2005年 12月 02日
ヤマラッキョウ
ひさびさの花ネタです。
冬化粧を始めた高原の道端で,きれいな花を見つけました。
d0016761_1873889.jpg

ヤマラッキョウ Allium thunbergii ユリ科 ネギ属

2005/11/26撮影 熊本県吉無田高原

d0016761_1875776.jpg
山地の草原に普通に生える多年草です。いわゆるラッキョウ(鱗茎)ができているか,掘ってみればよかった。しかし図鑑によると「鱗茎は食べない」そうです。ちなみに,食用にするラッキョウ(A. chinense)は中国原産の栽培種だそうです。
これはネギ属なので,栽培種だとネギ・タマネギ・ニンニク・ニラ,野生種だとギョウジャニンニク・ノビルなんかと同じ仲間です。
[PR]

by trout_and_stream | 2005-12-02 18:13 |